絵の上手さは先天性?後天性?

1 : スペースNo.な-74  : 2011/02/22(火) 17:31:36.18
どっちだと思いますか?
2 : スペースNo.な-74  : 2011/02/22(火) 17:33:20.25
まじめに練習するとか細かい所に気を配るとか、
性格によるところが大きいと思う
3 : スペースNo.な-74  : 2011/02/22(火) 17:36:53.73
ズバ抜けて出来る・出来ないは先天性かもしれないけど、
才能がありまくるわけでもなく全くないわけでもない大半の人は、
努力次第でどうとでもなる後天性じゃね。自論だけど
4 : スペースNo.な-74  : 2011/02/22(火) 17:37:06.31
ごくごくまれに先天的な天才(ダ・ヴィンチとか)がいるだけで
基本的にはその後に決まるでしょ
5 : スペースNo.な-74  : 2011/02/22(火) 18:04:16.15
脳科学かなんかで先天性って発覚してなかったっけ
幼児~小児の天才画家とかはみんな同じ遺伝子だか脳の構造してるとか何とか
その才能を持ってても二十歳過ぎればただの人になるのは
周りにウケる絵を描くようになってしまうからだとか
6 : スペースNo.な-74  : 2011/02/22(火) 19:22:20.83
海鮮やリアに上手いって言われる程度なら後天性だと思う
美大受験とか機械的に基礎技法とそこの学校の好みのデッサン叩きこむだけの作業だけど
それ終えただけでも同人だったらかなり上手い方にはなれる

ただ、高知能者とかと同じで、何やらせても異様に飲みこみの早い奴と
後天的にやりまくっても追いつけないような化け物レベルは先天生だと思う
7 : スペースNo.な-74  : 2011/02/22(火) 19:49:37.27
デッサン初めてなのに凄く上手い人とか居たけど、そうか…先天性なんだな
8 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 00:27:22.49
10 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 00:48:39.81
先天性。 絵上手い奴は小さい頃からずっとうまかった
12 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 05:33:28.61
先天的にどんなに努力しても上手くなれない奴も居る
13 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 05:36:14.03
音楽やスポーツよりは後天的努力の有効性はある世界
14 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 09:17:31.49
5歳までに視覚鍛えておけば、形を捉える力が格段上がるからうまくなるよ
色についても同様
この時期を大切にしないと、大人になっても草剪レベル
音楽やスポーツに比べれば、子供に絵を習わせようって親は少ないもんなあ
ある程度成長してからでも草剪レベルほど酷くないなら、ひたすら手を動かして視覚を刺激しまくれば何とかなるかも…
15 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 09:35:40.30
>>14
ソースは?
16 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 10:23:48.54
芸術レベル = 先天性
職人レベル = 後天性
17 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 11:57:01.85
>>16
うむ
18 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 11:57:47.93
草剪?
19 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 12:39:27.07
職人レベルにも格差があってな。
20 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 12:51:49.93
後天性なんだから当たり前でしょ
努力の差
21 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 12:56:28.58
努力だけでなんとかなると思ってる奴って人間の脳みその格差の真実知ったら死ぬの?
22 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 13:05:43.80
脳みその格差の真実とか言ってる奴って自分が底辺だったら死ぬの?
23 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 13:06:17.80
うん死ぬ
24 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 13:11:44.65
「絵うますぎっ!プロだな!」→努力次第でいけるレベル

「……、SUGEEEEEEEEEEEEEE!!!!」→先天性
25 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 15:01:39.35
努力じゃどうにもならん事のが多い
適材適所るしかない
26 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 16:32:27.29
>>24
好みでしょ
27 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 17:52:31.94
空間把握能力とか人によって違いすぎるよね
これは先天性だと思う
センスと好みは後天性だな
28 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 18:09:14.32
空間把握能力は女にはないらしい
だからトップレベルの絵描きはみんな男なんだなw
29 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 18:13:33.99
キャラ絵は関係ないけどね
俯瞰や構図には影響してくる
30 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 18:13:35.55
把握する必要がないから能力がないんだろ。
ということは女にとっては立体感に凝った絵を見せても無駄だから
女の中でのトップレベルになるにはどうしたらいいんだろう?
31 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 18:21:13.90
女はシチュやストーリー重視
男は視覚

と昔から言われてるじゃないか
32 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 18:23:58.89
女だの男だのバカか
育つ環境でその型にはまらない奴もいるっての
33 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 19:48:09.05
男女差は確実にある。
どっちがどうと言うと女が怒るから言わないけど。
34 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 20:11:41.51
上手くなる速さは女、到達できる上限は男

35 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 20:13:41.69
男の描く絵と女の描く絵は購買層も違うし、何が>女が怒るからwになるのかわからない。
脳の作りも違うんだから差があって当然。とても差別主義者だと思う。

アーティスト方面になると、今度は絵の差というよりも、探求力、体力の差になってくるから
女で著名なアーティストが少ないのは女で理系研究者が少ないのと同じ理由だと思う。
36 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 21:11:41.29
なんか底辺レベルの絵を何年も描き続けて一向に上手くならないタイプ…ってのは男に多い気がする
あとpixivのランキングとか見てても、背景描き込みまくりの一枚絵で
SUGEEEEEって言いたくなるような絵を描いてるのは男性に多いイメージ
まぁマンガ絵は、ある程度の画力までいっちゃえば上手い下手より好みだと思うけど
37 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 21:34:12.82
勝手にしやがれ
38 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 21:38:30.75
底辺は動機もやる気もバラバラだから結果=絵から判断するのは難しいな
同人中堅あたりが比較しやすいと思う
それなりに、絵を描こうというモチベーションがあり何年かやっている人
さらに他人に見せるという一線も超えている
プロレベルになると、また性差を超える例外の集まりになってしまう
39 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 23:20:18.72
後天性と信じて描き続けるだけだ
40 : スペースNo.な-74  : 2011/02/23(水) 23:34:43.29
心配しなくても後天性だよ、先天性なら芸術界がもっと活気に溢れてる
41 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 00:20:07.19
心配しなくても先天性だよ、後天性なら芸術界がもっと活気に溢れてる
42 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 00:22:45.78
時々突然変異的に画の上手い子供が出るよな。

ピカソとか。
43 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 00:28:33.81
後天性ではあるけど幼少期の育ち方が大きく関わっている気がする
44 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 00:47:52.74
上手い子は小学生の頃からレベルが違ったよ
45 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 00:52:00.89
スポーツでもプロになるような上手い子は5歳とかから始めている場合が多い。
46 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 00:55:11.54
子供の頃から突出して上手い子は芸大関係いっちゃって
同人には来ないような気もするな
47 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 00:57:56.03
到達時期はともかく描く気になれば少しの練習で何でも描ける…という領域まで行ける人といけない人がいるんだよな
そういう人はその後の表現方法に苦しんだりするがレベルの高い悩みだ。
48 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 01:20:06.58
たゆまぬ試作の繰り返しは、
必ずや君の財産となるだろう。
やがて君は、自分の描く線に
確信が持てるようになる。
よいか、作画は技術だ。
技術だからこそ、誰もが習得できる。
そして技術だからこそ、
実際に使わないと身につかない。
描くことを怠ってはならぬ。
49 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 01:58:47.52
>>46
現代美術に嵌って、へんてこな絵や造形物を延々と作って人生パーにしてしまう奴も居るな
せっかく絵上手いのに。商業イラスト漫画アニメゲーム関係に行くやつもいるけどね
50 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 02:45:56.57
努力すれば才能の壁も越えられるんだろ
努力すればなんだって可能だよ。こうやって天賦の才で決まるみたいな
ことを言って怠ける言い訳を探してるだけなんだろ?
いいから努力しろよカスども
51 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 02:49:38.93
脳みそが普通レベルなら努力でプロにだってなれるし
人から褒められるレベルぐらいなら努力でなれる、そうなんだろ?
先天性とか後天性とかそんなこと考えてるのは馬鹿みたいなことなんだろ?
52 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 02:53:55.18
プロと絵の上手い下手と、一枚絵と漫画はまったく別物だと思うよ
53 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 02:55:26.69
おれもそう思うよ
54 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 03:00:38.71
才能なんか関係ない。画力の成長は努力と比例している
絵が下手なやつは努力してないんだよ
先天性も後天性も関係ない、努力しない怠け者だ
55 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 03:01:57.10
じゃあ努力してダビンチになってくれよ
56 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 03:10:05.81
何気に伸びるなこのスレ
57 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 03:13:46.15
ダビンチが良く天才の引き合いに出されるけど
本当にあの辺で天才だったのはミケランジェロ
58 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 03:18:42.64
ダビンチがもっと努力してればミケランジェロなんて目じゃなかったね
59 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 03:28:33.11
ミケちゃんは彫刻が専門だろ。
ダヴィンチは発明が専門だったかもしれんが
60 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 03:33:08.82
なにが専門かとか関係ない、ダヴィンチが努力してたら彫刻でもミケランジェロとか余裕で置いてけぼりにしてた
61 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 03:41:37.06
アムロかカミーユかなんてどっちでもいいよ
62 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 03:43:49.90
才能は有るか無いかの2択だと思ってるんだろ?
違うね。ほとんどの人間(プロアマ問わず)は天才でも無才でもなく凡才なのだ
63 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 03:45:26.59
お前ら双方の作品や仕事内容ちゃんとわかってんのかよw
ダビンチのモナリザしかしらねーんじゃねーの?
64 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 06:36:41.85
>>62
同意
100か0かじゃなくて、20~80くらいのところに大半の人間がいて、
突出してできるやつ・できない奴もいるかもだけど、
できる奴しか絵が上手くならないわけじゃない
ピカソとかはよくわかんないけど、普通に同人レベルの『上手い』なら努力次第じゃないの
65 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 07:56:58.38
小さい頃から積み重ねたお絵描きの時間に差があるんじゃない?
上手い奴とそうでもない奴とは小4くらいになれば歴然とした差がでる。
上手い奴はお絵かきが好きで暇な時は沢山絵を描く
そうでもない奴は特に絵が好きなわけじゃないからあまり絵は描かず外で遊ぶ。
で、上手い奴は沢山描くから小学生の平均レベルを超す
知り合いの神絵師は小学生の間に自由帳50冊くらい使ってたし。
やっぱ小さい頃から休み時間に一人で絵を描いてるような奴は大抵上手くなるよね。
まあそこまで上手くならない奴もいるけど、
小さい頃から楽しみながら沢山描いてるのに平均より下手て人は見たことない
66 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 08:21:30.41
そうそう、やっぱりどんだけ努力したかだよね
67 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 09:12:33.90
小4ってなんだよw
68 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 11:28:03.29
小学生6年間でノート50冊て好きなやつなら普通じゃないか?
一番俺が描いてて楽しかった小学校の数年間なんかはノートでも紙でも余白ないくらいびっしり
なんか落書きしてて毎日~十枚近くは描いてたぞ
ほとんど好きな漫画やアニメキャラの模写だがな
時間は割いてるが、それで上手くなったかと言えば特定の模写だけだな
興味ない物は全く描かなかったから図工での課題なんかまるでやる気なかった
差が歴然と出てた

知り合いに親がデザイン関係の仕事で小さい頃から教えられてたって奴の小学生の時の絵を
見せて貰ったんだが、レベルが違いすぎた
本人の才能もあったにせよ、身近に毎日熱心に教えてくれるプロが居て、そのプロの画材使って
生まれた頃から感性養われてりゃ傑出するよな
一握りの奇跡的な天才以外は育つ環境はでかい
どっちもない場合はそれしか見えないくらいの努力しかないだろうな
69 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 11:38:22.70
だから小学生ってw
小学生でその後の人生どうこうなるわけ無いだろ
15~20歳辺りが勝負だよ
70 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 11:41:06.74
少なくとも絵を描くのが辛いって言い切れる奴は致命的に才能無い人
71 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 13:58:16.90
小学生は校庭で鬼ごっこだろう
72 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 14:14:32.33
小学生くらいで自負はあったがあくまでも芸術的にであり
学校の授業でデッサンするときは上手かったが自由に絵を描く場合は全く駄目
そまそも野球したりでお絵かきが必要な人生じゃなかったし
それで絵に戻ってきたときその小学生気分で考えていたからもう苦労や絶望って
もんじゃなかった
まー画学生とかそんなんじゃないの
大抵は絵描きにならないんだし
だから小学生の時の能力と今の能力は全く違うよ
73 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 16:40:13.60
>>70
俺の尊敬してた先生は逆のこと言ってた
74 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 19:11:53.34
絵描くの辛いけど、自分の好みの絵は自分しか描けないから
完成のみを目指して描いてる。でも理想に届かなくて辛い…でも描いちゃうんだよなー
75 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 19:27:16.64
センスというか才能みたいなのはあるよね
リア厨時代から同人活動はじめて十数年、本はコピー本を含めると
百冊近く出してるのにリア厨時代からほとんど進歩してない知り合いもいる一方
三十路でヲタに目覚めて絵を描きはじめて
最初は棒人間しか描けないレベルだったのに二年で驚くほど成長し
商業デビューを果たした知り合いもいる
76 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 19:29:37.30
個人的には才能っつーか偏差値の良さだと思うわ。
数学が得意なやつと不得意な奴がいるのと同じで、理解力応用力があるかないかだとおも。
77 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 19:34:08.13
ドMはどの分野でも優秀
つまり先天的にどMかどうかで決まる
78 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 20:02:26.95
>>69
スポーツでは小学生でも遅いくらい。
絵も同じ傾向があるだろう。
80 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 23:20:07.55
あー運動神経に近いものはありそうだ
サッカー部のエースが体育でバスケやったらバスケ部の補欠より上手かったりするんだよな。
81 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 23:35:55.07
ホントに上手い人って普通じゃないから...俺の消防時代にとんでもなく絵の上手い同級生(今プロ)が
いてね、そいつ休み時間はもちろんテストの裏にまでびっしり絵描いてた。聞くと飯と寝る時間以外
は絵を描いてるっていうじゃんwで理由聞いたら「ただ描きたいから」ってお前は登山家かとwww
82 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 23:48:59.08
>>81
そのプロって漫画家の中で画力はどのくらい?
83 : スペースNo.な-74  : 2011/02/24(木) 23:56:15.93
>>82
んージャンルは違うけど純粋に画力っていうなら大友くらいだと思うな。
84 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 02:18:40.60
>>83
どの作家かヒントくれ
どの雑誌で連載してんの
85 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 08:01:12.01
なんでそんなん聞きたがるんだ
それはさておき、超ズバぬけて…ってレベルじゃなくても、
なんか最初からそこそこ描けるみたいな人はいるよね。あれも才能?
自分の知ってる「そこそこ描ける」タイプは、常にお絵かきしてたわけでもないし
中二あたりから飽きて絵を描かなくなったので絵への情熱とかも薄いと思うんだけど…
86 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 08:18:32.71
>>85
たぶん元々手先指先が器用なのはあると思う。だから脳内イメージ→紙面に正確に投影できるかと。
つまり極端に初めから上手い人って念写に近い感覚なんだと思われ。であればデッサンも糞もない...
87 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 08:36:51.30
>>85
匿名の「上手い」って本当にあてにならないから。
下手な奴だとまず目がダメだから「上手い」の基準が低くて、
とんでもないものを本気で「上手い」って言いだすからな。

自分より上なら全部「上手い」で、
「上手い」と「すごく上手い」の区別もつかないから
大友並みとかいう証言もまったくあてにならない
ジャンル違うのに比較とかもう完全に話は異次元に飛んでると思っていいだろう。

現物見せない限り永久に平行線なんだよ
88 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 10:24:03.56
上手い人は練習を練習と思わずやってるよね
ポーズ集を何冊も模写するとか下手な人からすれば拷問のようなことも
楽しいお絵描きの一貫としてやってるし。
こっちが練習と思って苦労しながらやってることを、楽しみながらこなしてる
89 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 10:35:35.64
嗜好的な「好み」が技術的な「上手い」にすり替わってる事も多いよな
それって「上手い」がなんの判断要素にもならないって事でもあるんだが。
上手けりゃ売れる、人気出るってわけでもないし
上手くなろうと頑張るより
どうすれば見る人が喜ぶかを考えた方が上達には近道だと思うんだよね
90 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 10:59:12.37
漫画やイラストに関してはそうだろうな
技術屋のデザイン担当なんかも滅茶苦茶上手い奴がいる
実物見なくても全方位から車やバイク描けたりさ
だからといって漫画が描けるわけじゃないし描きたいとも思わないらしい
91 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 11:18:15.90
>>88を書いてから思ったけど
辛い練習を楽しんでこなすから上手くなるんじゃなくて
上手いから人から見れば辛い練習でも楽々こなせてるだけかも
92 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 12:02:22.94
練習にしても量に対する成果が違ったりするからね・・・取っ掛かりだけで全体の8割方掴めてしまうとか
その応用力自体が天性の物だったり、積み上げた努力の賜物だったりもするが
93 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 12:16:40.47
その「取っ掛かり」を
日常の生活においてそこらに転がってるヒントレベルのところから
見いだしてるから
「どうすれば絵がうまくなりますか?」
「何をしたらいいですか?」
なんて絶対言わないんだよな
94 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 12:22:41.37
動物が滅茶苦茶上手くて、その次に車とか飛行機とか描くのが上手い奴がいた
走ってる姿とか飛んでる姿とか、こんな感じでって言ったら資料ちょっとみてリアルなモノクロ絵
を1、2時間くらいで仕上げる
人間描かいたのを見たことないんで不思議なんで聞いたら、人間は得意じゃないんだと言う
落書きでいいから描いてくれって言っても「顔描けないし」って言って描いてくれなかった
人間以外をこれだけ描けて人間だめって珍しいケースだよな

模写はそれをただ写せばいいものだが、それを多角度から変化させて描くってのはやはり
練習よりも才能だろうと思う
95 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 12:30:42.77
>人間以外をこれだけ描けて人間だめって珍しいケースだよな
別に珍しくない
ヒトラーも人物が描けなくて画家になれなかったのは
みんなしってるよね
96 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 12:32:26.59
メカ超上手い人の描く人物キャラが微妙なことなんてたくさんあるしね
97 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 12:51:20.73
もの凄い迫力の背景絵に微妙な萌えアニメ人物が乗っかってたりね
98 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 13:45:46.01
>>90
クオリティーは知らないが
そのことは本当に難しいことじゃないから
99 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 13:47:51.24
というか上手い人ってやっぱクオリティーなんだよ
方法論やプロセスは誰でも理解できる
100 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 14:44:34.16
漫画家じゃないけど、26から絵を始めて専業画家になった奴がいるんだけど
前に見せてもらった初めて着彩した絵ってのが
すでに商品レベルで笑うしかなかった
技法はめちゃくちゃなんだけど色感や構図が完成されてた
天才と凡人の差ってこれなんだなと思って、
逆に自分に才能があるかどうか言ってるのがアホらしくなった
101 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 15:37:08.13
>>100
別に専門の学習しなくても、絵なんて町中にあふれてるし、
それを気を付けて観察して自分の中に蓄積できる人だったら、そうなってもおかしくないと思う。
才能って言葉であきらめるのは簡単だぬ
102 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 15:49:27.00
>>101
コラコラ才能ある人は気をつけなくても最初から描けるんだよw
103 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 15:56:04.80
>それを気を付けて観察して自分の中に蓄積できる人
これが意識的か無意識的かはまた別問題かもしれんね

才能って言葉で言い訳するのは簡単だぬ
104 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 16:12:07.85
>>103
とりあえずお前の才能コンプレックス乙
105 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 16:33:04.72
小さい頃からコツコツ積み上げようが
短期間で天才的な成長を遂げようが

CGで近道しようが
アナログでガチ勝負しようが

いまある出来たものが全て

どの分野でもそうだが
結果より過程にとらわれて立ちすくむのは
向いてない奴共通の特徴だな
106 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 18:49:10.42
>>101
諦めるってより、逆に無意味な事を気にしてないで
自分の現状を積み重ねればいいじゃんって思うようになった。
凡才だってのは辞める言い訳じゃなくて、
単なる事実として受けとめるどうでも良いことだと思った

ヤンキー→家出→日雇い→売れない俳優
→誘われて生まれて初めて美術館行って感涙
→ヒモやって美術学校入学
って人だからマジで絵なんて観察するようなバックボーンじゃない
107 : スペースNo.な-74  : 2011/02/25(金) 19:27:15.17
>>100の「商品レベルの処女作」がどのくらいのものなのか、
>>100の審美眼がどのくらいのものなのかを確認する手段がない以上
話は平行線なのでこれで終わりだ

大体才能だの芸術的クオリティだのは不確かでいい加減なもので、
基準を設定するとしたらいくらの金になったかでしかない。
生存中は数枚しか絵が売れないという扱いを受けたゴッホなんかが好例だろ
細かい事言うが「商品レベル」なんて言葉は商品になった絵にしか使えない言葉なんだよ
今の所は>>100が凄い、と思っただけのただの絵。
108 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 13:26:11.50
絵が下手な奴=努力してないと決め付ける奴は傲慢
109 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 14:42:28.55
>>87
確かにね
大友並に上手くて今現在連載持ってる奴なんて数える程しか居ないし、それだけ上手い奴ならどこに描いてるか教えてくれるだけでも大体特定出来る
(大体と言うのは、その数える程にしか居ない人達が、同じ雑誌に連載してる事が意外と多いからw)

それが無理なら今のジャンプ作家の画力ベスト3だけでも挙げてみてほしい
分かる奴には本当にそれだけで見る眼があるかどうか分かるから
110 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 15:20:01.16
明らかに才能が無く向いてないのに続けている奴って
恐らく人生の無駄さ的には犯罪犯して懲役受けてるのと同じ状態だぞ
111 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 15:24:01.74
極端なこと言えばこれほど人の能力の先鋭化が進んでる現代は
才能があり天才だと自覚し他も認めるほどでないと
何を続けるのは無駄な時代だ。無能な人間は自分のできる範囲で
ひたすら効率よく金儲けに時間を使わない奴は人生の敗者になるだけなんだが
112 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 15:27:08.03
子供の頃は、何よりも絵が好き!
身なりも恋愛も興味ないって人にウマーな人(あくまで子供レベルで)が多かったけど、
大人になったら、多趣味、
身なりも恋愛もそれなりって人にウマーな人が多いと感じる・・・
113 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 15:32:54.36
それは絵の才能は知能や人間としての才能にも通じるからだろう
絵の才能もいろんなことのひとつに過ぎないけど
大体人間としての才能である事が多く、絵の才能ではなく
人としてあらゆる分野を処理する能力が高いことに通じる
たまたま絵が好きだから絵の才能って言われてるだけで
何やっても天才だといわれるし1流になれる
114 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 15:39:15.73
オリジナリティーや面白い絵は本当に下手糞の時期に生まれました
上手くなってからはその辺のアニメのキャラが描けるだけです
115 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 15:42:16.09
とはいえまだ下手糞の部分も多々あるので本当に幸せだ
私は無表情の老いぼれではない
116 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 16:01:38.71
人間社会は比較競争の社会であり
常に他人との比較で下位に甘んじてしまうような人間は
社会生活で幸せになることは決して無い
117 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 16:12:41.23
競争とは進化であり人間が人間になれたのは競争によって能力が高い生物のみ
子孫が残せたから。つまり比較競争で勝利するというのは
生き物にとって生きることや幸せになる権利を得ることであり
人間としての幸せの全てを得ることが出来る人間は常に競争のこと以外
なにも考えず人生の全てを競争に生きて競争で死ぬ人々だけ

逆に考えれば無能者は社会から退場し
早く死ぬことだけが暗に社会が要求することである
118 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 16:18:11.22
日本人が中国人や韓国人に惨めに今後負けてしまうだろうというのは
子供の頃から徹底的にこの点を叩き込まれ教えられるか教えられないかの違い
119 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 16:52:20.83
日本語上手ですね
120 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 17:50:50.82
>>111
おれは秀才になれればそれでいいわ
121 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 18:12:06.55
>>119
はい。民族が優秀なので生活保護も自動的に受けれます。
122 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 20:30:24.17
頭は優秀じゃないみたいね
123 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 21:00:24.48
>>108
努力してたらうまくなるだろ、うまくならねえのは努力してないからだ
124 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 22:30:15.57
「自分が上手くないのは才能に恵まれないせいだ」とか喚く奴に限って努力が足りんか、努力の仕方を間違ってる。
何にせよ出来ることはあるのにそれを渋る奴が多い。

125 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 22:33:32.82
デッサンすればいいですか、トレスと模写ってどっちがいいですか?
んなの自分でちょっと試したらわかるだろっていうwwwwっていうwwwwwwww
126 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 22:40:21.11
先天性とか後天性だったら一体なんなの
それを知ったところで一体なんになるの?
127 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 22:45:44.35
話題の種
128 : スペースNo.な-74  : 2011/02/26(土) 23:21:38.41
絵はやめたくないけど時間の無駄なんじゃないかって思いはじめちゃう
そんなこと考えちゃうのがまさにヘタレなんだけど
129 : スペースNo.な-74  : 2011/02/27(日) 07:22:04.44
楽しい時間を過ごしてるなら無駄だなんて微塵も思わない気がするんですけど
130 : スペースNo.な-74  : 2011/02/27(日) 09:31:31.57
描いてる時はスゲー俺天才って思ってても出来上がりが結局素人レベルだと
無駄な時間だと数日後に気づくから
131 : スペースNo.な-74  : 2011/02/27(日) 09:50:45.67
ジョースター家とDIOの戦い
132 : スペースNo.な-74  : 2011/02/27(日) 11:15:00.29
>>130
それ無駄じゃないよw
133 : スペースNo.な-74  : 2011/02/27(日) 11:49:03.50
ネットが幅利かせた今は敷居が高すぎ
数年前まで凄く上手い部類だった絵も素人認定される時代だからね
134 : スペースNo.な-74  : 2011/02/27(日) 14:44:12.65
そんなことは一度もない
むしろこのジャンルむちゃくちゃ足りないとか
偏りしか見えない
私のビジョンを侵入してきたやつなど誰一人いない
135 : スペースNo.な-74  : 2011/02/27(日) 14:57:31.16
>>117
俗物が俗物として生き累乗的に劣化し相対的に有能なだけ
136 : スペースNo.な-74  : 2011/02/27(日) 15:41:00.89
有能な人は戦争で大量に死んだ
137 : スペースNo.な-74  : 2011/02/28(月) 07:15:44.71
いつの戦争だよ
138 : スペースNo.な-74  : 2011/02/28(月) 07:24:51.30
>>137
私は136ではありませんが、あなたは勉強不足です。
139 : スペースNo.な-74  : 2011/02/28(月) 07:51:25.15
何言ってるのかわからん。いつ日本で戦争があった?
太平洋戦争は66年前の話なんだが?戦死者はその後外国で
巻き込まれた奴以外は国内で戦死者出てないぞ
140 : スペースNo.な-74  : 2011/02/28(月) 07:54:59.60
精神病は人生に絶望して脳がおかしくなるってことですね
141 : スペースNo.な-74  : 2011/02/28(月) 08:49:39.02
私は138ではありますが、140ではありませんので誤解しないでください。
142 : スペースNo.な-74  : 2011/02/28(月) 13:18:27.13
有能な人が大量に死んだで連想するのが文化大革命なんだが…
よく知らないけどあれって文化を破壊する革命だっけ?マジ怖
143 : スペースNo.な-74  : 2011/02/28(月) 14:22:09.00
ポル・ポト派
クメール・ルージュ
144 : スペースNo.な-74  : 2011/02/28(月) 15:02:40.53
>>1の頭の悪さは先天的
どうしようもない
145 : スペースNo.な-74  : 2011/02/28(月) 15:46:06.44
何で厨獄や管母死亜の話がでて来るんだよ
146 : スペースNo.な-74  : 2011/02/28(月) 16:43:06.01
無駄無駄無駄無駄無駄ァ!
147 : スペースNo.な-74  : 2011/02/28(月) 17:14:47.65
脚の速さと同じで才能はあるよ
149 : スペースNo.な-74  : 2011/02/28(月) 17:40:49.20
絵描くの大好き!自分の絵が大好き!多分先天的なもの。
150 : スペースNo.な-74  : 2011/02/28(月) 18:05:44.24
絵を描くのが好きかどうか、も才能なら、俺にも才能があることになる。うれしい。
151 : スペースNo.な-74  : 2011/02/28(月) 19:35:07.61
いい講師にめぐり合うと才能は伸びる。
152 : スペースNo.な-74  : 2011/03/01(火) 14:08:51.34
普段は天才だが
最近は横着な方法に貶めて描いている
それはわかれば誰にでも描ける方法だ
まだまだ私の玉座は安泰だ
シェルターに隠れるまでもない
153 : スペースNo.な-74  : 2011/03/01(火) 15:07:41.87
頭狂った人が居ます
154 : スペースNo.な-74  : 2011/03/01(火) 16:10:50.13
しかしアカデミー賞に出る準備がないと知ったとき
何のクリエイターでもないとわかった
それとも老いぼれになると燕尾服やスピーチなんてどうでもよくなるのかな?
冷静に見てるとつまらんジョークなのかな?
その土地で産まれたならサンダルで参加したって絵になるのかな?
それともダッサイ歯並びの悪い田舎のモンペの修学旅行生だったのかな?
しかしそれは修学旅行生でなくネイティブだったんじゃないのかな?
155 : スペースNo.な-74  : 2011/03/01(火) 16:20:45.52
しかしそれは修学旅行生でなくネイティブの独裁者だったんじゃないのかな?
156 : スペースNo.な-74  : 2011/03/03(木) 15:19:44.67
勉強が出来る人って絵も上手い人多いよね
157 : スペースNo.な-74  : 2011/03/03(木) 16:07:33.51
視覚バランス構成空間把握能力色彩調整
全て脳が良いか悪いか
世の中の全ては脳が良いか悪いかで個人の人生全てが決まります
158 : スペースNo.な-74  : 2011/03/03(木) 16:09:56.08
親が超金持ちだったらあうあうあーでも何とかなるね
デモ幸せは脳が全て、容姿じゃないな能力だな男は特に
159 : スペースNo.な-74  : 2011/03/08(火) 16:21:25.10
容姿+能力でしょう ダメ容姿なら金持ちで金払いがいいとかさ
160 : スペースNo.な-74  : 2011/03/09(水) 16:41:27.74
絵を描くのはイメージ力がものを言う
頭の中の固まったイメージが
絵を描くときに線を導いてくれる
例えば犬だったら、犬の具体的な臭いや手触り、
温もりも含めて全部想像しながら描く
このイメージのない人は絵が描けない
161 : スペースNo.な-74  : 2011/03/09(水) 16:49:53.47
画力はほとんど後天性だな
絵のうまい漫画家の育った幼少期の環境を調べると分かる
みんな共通することがある
しょこたんですら例外ではなかった
162 : スペースNo.な-74  : 2011/03/09(水) 16:55:40.76
日本の学校教育は左脳教育らしいから
小学校の間学校の勉強をがんばってた奴は逆に絵が描けないかもな
サボってた奴のほうが絵とか音楽の才能が伸びるかも
163 : スペースNo.な-74  : 2011/03/09(水) 18:31:02.47
>>161
しょこたんって画力ある?
絵を描き始めて1年目で、一日1時間も描いてなくてあれなら
これからメキメキ伸びるだろし才能あるといえるけど、
個人的にはしょこたんレベルなら努力でなんとかなるライン。
つってもピクシブに投稿されてるアニメ絵しかみたことないけど、芸術的な絵は上手かったりするんかな

前々から、才能か努力の範囲内かっていう基準が、常に自分の画力に左右されてる。
自己中だから、自分が描けるレベルの絵なら「努力」
自分が足元にも及ばない絵は「才能」で片付けちゃうな
そして、自分が「才能」で片付けたレベルの絵をいつか自分でも描けるようになったら
「絵なんて全部努力ッスよ~」なんて言うようになるんだろうか
165 : スペースNo.な-74  : 2011/03/09(水) 19:48:22.76
>>161
>みんな共通することがある
どんなのがあった?興味ある
166 : スペースNo.な-74  : 2011/03/09(水) 19:48:44.99
>>164
うっま!教えてくれてありがとう。
ピクシブだと手が適当だったり変わったポーズで絵が崩れたりしてたから、
なんとなくその程度だと思ってたけど、これは真似できないわ。
抜群にセンスある!というよりは、クラスに一人いる絵がかなり上手い子ポジションだね。
167 : スペースNo.な-74  : 2011/03/09(水) 20:15:47.08
>>165
比較的言葉を他人と交わす時間が少ない環境
あとは、特定の何かをイメージする時間が多い環境に幼少期があった人が
トップの漫画家に多い 
 「貧乏」「ぼっち」「ど田舎」「1人っ子」「片親」などなど基本無口な時間の多い環境
自然と何かをイメージするようになってしまうから 右脳が伸びるのではないかな
鳥山明 貧乏な幼少期 ほしいものは想像して絵に描くしかなかった
井上雄彦 幼くして母親を亡くす 鹿児島の人口2万の町出身
冨樫  東北の庄内市 田舎だ
岸本斉史 岡山県北の田舎 地元一緒だけど相当田舎だ 木の葉の里の雰囲気ある 
しょこたん 幼くして父親を亡くす 母親と二人暮らし 人と会話するのが苦手
168 : スペースNo.な-74  : 2011/03/09(水) 20:18:45.41
そういや宮崎駿も1人っ子だったかな・・・
あと、母親を小学生の頃に亡くしてる
いつも母親のことを想像していただろう
それが彼の右脳を鍛えたともいえるかもな

まあそれだけじゃなくて
田舎だと遊びは川の中の観察や森の中の昆虫とかになる
複雑な背景の中から魚や虫のイメージを抽出するのは右脳の強力な訓練になると思うなあ
169 : スペースNo.な-74  : 2011/03/09(水) 20:52:39.25
>>167
ありがとう
言われてみたらそうだね
売れてる作家さんが、そういう環境だったこと語ってること多い気がする
浦沢直樹やまゆたん(うまいかは分からないけど売れてるよう)もだね
170 : スペースNo.な-74  : 2011/03/10(木) 08:32:59.32
たしかに田舎は多いな
新潟だけでもこれだけいる

4 :881:2011/01/26(水) 02:25:41 ID:eqFruYBt
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆新潟県  出身の漫画家◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

赤塚不二夫     水島新司

えんどコイチ    小畑 健
新沢基栄      和月伸宏
うたたねひろゆき しげの秀一
高橋留美子     小林まこと
聖 悠紀       魔夜峰央
八神ひろき     柳沢きみお
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
▲「夢喰いメリー 牛木義隆」▲ ←new!!
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
 
171 : スペースNo.な-74  : 2011/03/10(木) 08:42:56.73
線まっすぐ描くのすら練習しないと出来ないのに
3歳とかで線まっすぐ書いたり模写したら
それはもう天才だと思う
知的障害者の子供とか脳にダメージある人に
絵描かせるとものすごい上手い絵描いたりする
ほとんどの人は後天的に練習してうまくなったと思うよ
172 : スペースNo.な-74  : 2011/03/10(木) 09:32:09.60
だな
実は遺伝というのはほとんどない
ありとあらゆる分野で2世が活躍した話はほとんどない
親がそんなに活躍しなかった場合、その子供が親の期待を担がされて
後天的に技術を身につけて活躍したケースならいくらでもある 亀田3兄弟とかね
でも逆に親が天性の技術の持ち主の場合、その子供が親並に活躍したケースは
あまりない 親はすでに自分が成功してるから、子供を自由に育てるからだ
自由に育てると遺伝の影響などまるでないかのように普通の子に育つ
やはり技術や才能はスキャモンの成長曲線や海馬の伸張理論のように後天的なものが
ほとんどのようだ
173 : スペースNo.な-74  : 2011/03/10(木) 13:48:44.02
俺はクオリティーなんて意識していない
だからその手順が同じなら別にそいつが天才かどうかなんて
少しも思わない
なーんだ俺と同じじゃんとおもう
174 : スペースNo.な-74  : 2011/03/13(日) 06:47:21.12
環境って才能なんじゃね、何か努力してその地に生まれたの?
175 : スペースNo.な-74  : 2011/03/13(日) 08:05:33.93
前世の行いが良いと恵まれた環境に生まれるんだよ
176 : スペースNo.な-74  : 2011/03/13(日) 11:49:05.20
大友の息子も宮崎の息子も絵が上手い件
177 : スペースNo.な-74  : 2011/03/14(月) 00:41:54.60
>175 俺の前世に良い行いしてって言ってきて
178 : スペースNo.な-74  : 2011/03/14(月) 00:42:59.26
手癖の遺伝はあると思う
海外移住して向こうの人と結婚した
叔父の息子と自分の字がそっくりだった
会ったこともないし教育環境や文化も違う
なのに数字やアルファベットは見分けつかない位似ている
自分の字でエアメール来てたのでびっくりした思い出
179 : スペースNo.な-74  : 2011/03/14(月) 06:37:15.71
おい
180 : スペースNo.な-74  : 2011/03/14(月) 07:58:20.17
なに
181 : スペースNo.な-74  : 2011/03/14(月) 14:58:03.43
>>176
宮崎の息子さんって1人っ子だよな
それであんまり親父と口利かなかったとかいってたきがする
182 : スペースNo.な-74  : 2011/03/14(月) 17:35:11.11
60%の確立で遺伝だとか
183 : スペースNo.な-74  : 2011/03/14(月) 18:15:31.81
ふたごの学業成績についての代表的研究ではおおむね次の点で結果が一致している。

・数学・理科は対差が大きくなる
・保健体育・芸術の対差は小さくなる

要するに保健体育・芸術では遺伝子により規程される部分が他の教科より大きい。
またあらゆる調査においてこの対差は標準偏差を大きく下回る(0.5-0.7σ程度)。

すなわちふたご間の成績の差を環境(+努力や偶然)によると見なしたとき、
その影響は偏差値にして最大5-7ポイントの影響でしかない。
またこれは受験の世界で一般的に努力による偏差値の変動はせいぜい5ポイントと
言われている事とも大体一致する。

0.5-0.7σの変動は偏差値70を超えるような上位層(…あるいは30を切るような下位層…)
においては圧倒的な差となって跳ね返ってくる一方、偏差値50程度の層においては大した変化ではない。

つまり努力というのは紙一重を争う上位の才能の持ち主の間でのみ意味を持つという事だ。
184 : スペースNo.な-74  : 2011/03/16(水) 17:30:50.32
つまり画力は遺伝だと言うことか
185 : スペースNo.な-74  : 2011/03/16(水) 19:35:11.18
>>181
二人。
長男がゲド戦記を監督した吾朗で
次男が版画家だったかな
186 : スペースNo.な-74  : 2011/03/16(水) 19:38:30.17
次男もアート関係か
やっぱり画力は遺伝だな
187 : スペースNo.な-74  : 2011/03/16(水) 19:50:14.15
描かなきゃ上手くならないに決まっている
だが練習を競い合っている場合じゃない
要するに上手くなるやつは上手くなるし
ダメなやつはダメだということ
188 : スペースNo.な-74  : 2011/03/16(水) 20:47:49.77
絵の上手いサンプルが身近にいるいないってのは絵の上達にかなり関わってくる
189 : スペースNo.な-74  : 2011/03/17(木) 02:36:49.90
ダンスと同じく才能だよ
誰にも教わってないのに
マイケルは生まれながらに断トツで上手かった
190 : スペースNo.な-74  : 2011/03/17(木) 10:02:18.98
マイケルジョーダンのことか
191 : スペースNo.な-74  : 2011/03/17(木) 11:59:45.21
マイケルマッキントッシュ
192 : スペースNo.な-74  : 2011/03/18(金) 17:39:24.32
つまんね
193 : スペースNo.な-74  : 2011/03/20(日) 14:39:06.11
子供の頃から上手い人って子供の頃からむっちゃ描いてるんだよね…
194 : スペースNo.な-74  : 2011/03/20(日) 14:55:16.16
377 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 : 投稿日:2011/03/19(土) 04:00:58.92 ID:Oi0yWu15
1枚描いて100学ぶ選ばれた怠け者を見て
100枚描いて1しか学べない凡人の努力家が
「この人さぞかしたくさん描いたに違いない」と自分基準で考える
悲しい構図はけっこうあると思うw


イラストレータ板より
195 : スペースNo.な-74  : 2011/03/20(日) 15:07:32.83
というか肩肘はらないでも紙なんてすぐ無くなるんだよ
俺にもっと紙くれ
196 : スペースNo.な-74  : 2011/03/20(日) 16:29:10.75
脳障害のガキが、風景を一瞬見ただけで、その風景を写真同然の絵を描いて再現できるってやつか。

練習してうまくなるとかってレベルじゃねーぞ
197 : スペースNo.な-74  : 2011/03/20(日) 18:28:46.63
瞬間記憶だっけ
絶対音感もそうだけど、あれは脳の機能が違うんだろうな
198 : スペースNo.な-74  : 2011/03/20(日) 19:16:30.33
映像記憶

映像記憶は、生物が眼に映った対象を映像で記憶したもの、
またはその能力のこと。写真記憶、直観像記憶ともいう。

映像記憶能力の保持者は、電車の中から一瞬見えた風景を
後から緻密にスケッチしたり、本を紙面ごと記憶したりできる。
199 : スペースNo.な-74  : 2011/03/20(日) 19:17:18.58
絶対音感は幼少の頃訓練すればだれでも身につくらしいな
大人になってからだとかなり厳しいようだ
200 : スペースNo.な-74  : 2011/03/20(日) 19:22:28.26
ふたばでも描いてるひげものさんも才能あるよね
201 : スペースNo.な-74  : 2011/03/20(日) 22:28:42.01
100枚描いても1しか伸びないのは頭使ってないやつ
1枚描いて100伸びるのは頭使ってるやつ
202 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 00:44:09.19
ひげものたんがお米に作品描くと200くらい伸びてそう
203 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 01:07:11.98
映像記憶を持った上手い絵描きって聞いた事ない
204 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 06:17:08.04
遺伝ではないけど子供の頃の環境で左右されると思うわ
205 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 11:01:14.93
>>203
宮崎駿が有名だよ
一度しか見てない映画のカットやシーンを再現できる
なんで資料使わず記憶を頼りに描いてるだけなのに
マニアから○○のパクリと指摘されてしまうと
206 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 11:38:33.88
好きな子の顔が思い出せない
これはなんだ?
 
207 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 12:27:37.25
本人が公表してないだけで、プロの絵描きには結構いるんじゃね?<映像記憶
208 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 12:59:46.58
理論的には別に難しいことじゃないからな
いや、実践は難しいよ
しかし画面構成的に別に複雑なことを要求はしていない
というか映像記憶組は創造性はどうなの?
209 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 13:08:19.46
やっぱ映像記憶ってどうでもよいわー
理論的に経験でできるわーそれー
いやー映像なんてなくても理論的にできるわーそれ
210 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 13:10:30.39
というかストーリーまるまる頭に入っているほうがマシだわーそれ
211 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 13:15:37.75
それどころか映画って音消してみたらまったくわからない
映像だけ並べてもストーリーにならない
意味のない映像の羅列でしかない
212 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 13:53:52.20
サイレント映画の時代があってのう…
213 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 14:04:42.99
世の中で有名人2世が活躍するケースってほとんど聞いたことない
もしほんとに遺伝なら、もっとそこらかしこで遺伝による天才が
世の中を動かしてるはず 
やはり環境の占める割合ほうが大きいと思う もちろん遺伝というのもゼロではないとおもうが
214 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 14:13:16.61
そうそう
女の才能を見極める目なんて最初から信用していない
215 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 14:34:03.65
>>213
男に才能があっても、女に才能がなければ
2世に遺伝しないことも多いわけで
216 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 14:34:58.47
努力してる奴のなかで当たり前のように
優劣が発生するけどね・・・。
217 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 14:38:37.05
それ突き詰めちゃうと、仕事でも何でもそうなんだが
努力の仕方を知ってる奴と、努力しても効率悪い奴に別れちゃうと思うんだな
219 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 15:07:40.03
>>218
とういか
中2の彼はもう誰にもなりたくなかったの?
最初からケンシロウなの?
220 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 16:07:56.31
>>215
そうそう 
それも含めて「遺伝はほとんど関係ない」って思う
結局薄まるんなら普通の人と変わらんがな、っていう結論に至るw
221 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 17:42:40.66
じゃあ冨樫の息子は期待できるな
両親が売れっ子漫画家のサラブレッドだし
222 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 18:38:01.03
鳥山明と嫁(マイナー漫画家)の子供二人もそろそろ20台~20台半ばだが
まだ音沙汰ないな
妹の方はマンガ研究部だったはずだが
223 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 19:38:53.08
宮崎駿の子供なんか四十代なのに音沙汰ない
三十代のころになんかやったような気がするがその後消息不明
224 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 19:43:52.40
え、新作の監督になるってちょっと前に話題になってたなかったっけ
225 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 23:32:24.08
原はプロの中じゃ上手くないじゃん
226 : スペースNo.な-74  : 2011/03/21(月) 23:45:21.96
速さは上手さと密接に繋がってる気がする
描くのが早ければ人よりたくさん経験つめる

パヤオはそれに加えて上に出てきた映像記憶能力のおかげで
頭の中のビジョンが常に明確で迷いが少なかったんじゃないかな
227 : スペースNo.な-74  : 2011/03/22(火) 02:09:20.16
>>225
どういう人と比べてんの?w
尋常じゃなく上手いと思うけど。
228 : スペースNo.な-74  : 2011/03/22(火) 11:23:01.98
制限するって重要だね
229 : スペースNo.な-74  : 2011/03/22(火) 14:25:17.87
昨日パヤオの番組あったじゃないか
なんでいわねぇーんだよ
230 : スペースNo.な-74  : 2011/03/22(火) 14:31:49.34
ところで山を駆け下りるとき腰が引けているかそうでないかで
そいつの人生に関わるというけど坂道下るとき腰がひけるのは
運動生理学的に間違っていないような気がしたんだが
パヤオの匙加減がわからない
231 : スペースNo.な-74  : 2011/03/22(火) 15:53:49.16
描き手の生き方がキャラの描き方にも否応なく現れちゃうって事かと思った
どんなキャラでも驚く時は引かせればいいやって描き手は人生なんでも引き気味とか
リアルかどうかというよりもキャラの内面を伝える動きかどうか
パヤオって二点透視図法好きなんじゃなかったっけ
232 : スペースNo.な-74  : 2011/03/22(火) 21:48:14.84
リアリティーよりもアニメ的なリアリティ重視なんだろうね
233 : スペースNo.な-74  : 2011/03/23(水) 04:37:01.85
あれはアシタカの人格を無視した動きを描いたから怒ってるだけ
パヤオなんかただの性格ねじまがったロリコンだよ
234 : スペースNo.な-74  : 2011/03/24(木) 23:53:59.29
>>227
ぶっちゃけ原は描き込みがすごいだけでデッサン力は大した事ない
プロの中では中の中レベル
久保とか画太郎のが上手いよ

>>230-233
下り坂を腰を引かずに降りていったら、どんどん加速がついてその内倒れちゃうだろうね
ただ、アニメの場合はそういう嘘が快感を生む事もある
また、ジブリみたいなデフォルメされたキャラでリアルな動きをやると、逆に不自然になるんだよね

後、宮崎はレイアウトセンスが優れているから構図の記憶力が高いだけで、別に映像記憶力を持ってるわけじゃないと思う
235 : スペースNo.な-74  : 2011/03/24(木) 23:57:38.11
ジブリはリアルな動きも相当巧いよね
だからこそ時々入る嘘臭い動きも面白いって感じ
236 : スペースNo.な-74  : 2011/03/26(土) 07:23:17.38
絵の上手い幼稚園児なんて見たことないです
237 : スペースNo.な-74  : 2011/03/26(土) 09:28:36.48
一枚絵と、漫画では上手いといわれる部分が違うのでは
238 : スペースNo.な-74  : 2011/03/26(土) 13:11:13.79
というか漫画家って一枚絵もうまいだろう
むしろ誰よりも上手い
あの構図とか誰が考えているの?漫画描きながらいつ考えているの?
アドバイザーとかデザイナーがいるだろうー
自力だったら癪に障るわー
239 : スペースNo.な-74  : 2011/03/26(土) 15:04:44.73
絵を見たとき
(゚o゚)これは後天性
(゚д゚)これは先天性
240 : スペースNo.な-74  : 2011/03/26(土) 17:08:48.11
^o^
242 : スペースNo.な-74  : 2011/03/27(日) 09:31:33.57
日本もそうだけど世界の幼児教育は
集団での遊びを奨励してるんだよな
それはそれでいいけど
どっちかっていうと、イメージを膨らませる能力が育たない気がする
イメージする能力って周りで人が喋ってるとなかなか発言しないとおもう
絵のイメージもTVとかガンガンに付いてるときには膨らまんし
243 : スペースNo.な-74  : 2011/03/27(日) 12:11:29.43
>>242
コミュ障を自己弁護するとこうなるという例
244 : スペースNo.な-74  : 2011/03/27(日) 13:25:31.70
なかなか説得力のある意見だと思うが…
絵って基本的に1人で描くもんだし…
245 : スペースNo.な-74  : 2011/03/27(日) 14:37:54.25
プロに近くなると分業制になるが
246 : スペースNo.な-74  : 2011/03/27(日) 14:49:41.76
というかCGやプログラムを普通に使っているな
もう映像に憧れるのはやめたほうがよい
よく考えればそんな表現を昔は無かったや
つまりそういうこと
247 : スペースNo.な-74  : 2011/04/03(日) 01:20:48.40
意味不明
248 : スペースNo.な-74  : 2011/04/13(水) 07:49:35.33
文盲なの?
249 : スペースNo.な-74  : 2011/04/13(水) 13:45:57.01
先天性8割後天性2割ってとこだな
250 : スペースNo.な-74  : 2011/04/13(水) 13:46:58.88
正確には絵の上手さって言うより
集中力の才能なのではないか
251 : スペースNo.な-74  : 2011/04/13(水) 22:25:43.83
求める完成度の高さだよ
目を肥やせばいい
高く設定した自分の基準に達するまで手を入れれば自然とクオリティは高くなる
世の中の99%の絵は自分を満足させない、くらいまで基準を高めれば
あとは目に手を追いつかせるだけ。

別に上手い絵しか認めねぇ!にならなくてもいい
鑑賞する時は気楽に、自分で描く時は厳しく。
252 : スペースNo.な-74  : 2011/04/13(水) 22:29:22.54

要するに「こだわり」
こだわりの無い奴は資料(本物)を見て正確に描こうともしないし
すぐにこのへんでいいや、ってやめるからいつまでも上手くならない
絵が自閉症とか精神病と深く関わってるのは「(時には異常な)こだわり」がクオリティの高いものを生み出すから。
253 : スペースNo.な-74  : 2011/04/13(水) 22:36:48.44
>>252
なるほど。すごく同意。
絵を描くのに大事なのってエロスだと思う。
254 : スペースNo.な-74  : 2011/04/13(水) 22:37:47.74
そうかなあ
精神病っぽい奴は上手い絵描けないよ
上手い奴って集中力が凄い奴計算が速い奴
反射神経が凄い奴サッカーとか野球の天才に通じる
持久力がある奴とか全然疲れない奴とか

精神病の絵は異常なこだわりが気持ち悪いものだから
気持ち悪い絵しか描けないと思うけど
255 : スペースNo.な-74  : 2011/04/13(水) 22:43:56.79
精神病の絵描きって一番多くて皆なんか気持ち悪い癖持ちだから
自分基準でどんなに努力しても何か変な気持ち悪いものが
邪魔して天才職人資質の連中に一生毛の先も近づけない
中途半端な底辺絵師になって七転八倒のクソみたいな人生で終わる
そして大半が自殺する

天才職人資質の連中の絵師が少ないわけはこんなクソのようなことに
人生かける馬鹿が少ないから
256 : スペースNo.な-74  : 2011/04/13(水) 23:03:35.39
サヴァン症も一種の精神疾患だが?
257 : スペースNo.な-74  : 2011/04/13(水) 23:11:16.78
最初は好きな物をそればっかり描く事から始まるんだよな

ある程度年いってから
萌えオタ界で認められたいとか萌えオタ仲間に一目おかれるためとか
そういう理由で始める奴は伸びようが無い
絵自体にはこだわりがないから
258 : スペースNo.な-74  : 2011/04/13(水) 23:39:13.10
上手い奴は最初から上手い
始めてから1~2年かな
それ以上はあんま伸びんな
259 : スペースNo.な-74  : 2011/04/14(木) 00:08:37.81
「絵とか描いたことないし~」とか言いながらサラサラと
明らかにその辺の絵描きより上手い絵を描いてる人がいたので
(本当に普段絵なんか描かない人)
先天的に絵が上手い人が存在するのは間違いない

何年描き続けていてもありえないくらい下手な人も存在するので、
こういうのは「先天的に絵の才能が無い」というしかないと思う

中間点くらいの微妙な人の場合は
努力次第でどうにでもなるが、才能の差は多分ある

正直運動の才能と同じだと思う
足の速さなんて完全に先天性だし…
260 : スペースNo.な-74  : 2011/04/14(木) 00:25:33.27
先天的に絵が上手い奴が努力して
プロ級になる以外で絵を描いてて幸せになることはない

才能が中間点くらいの微妙な人が努力してプロ級になったところで
破断して人生が破滅するんだよ

先天的に絵の才能が無いのにこだわりの精神病が邪魔して
いつまでもしつこくやってるのが自殺コースです
261 : スペースNo.な-74  : 2011/04/14(木) 01:52:42.08
変な人がいるね
262 : スペースNo.な-74  : 2011/04/14(木) 22:30:56.40
日本に絵を描いた事がない奴なんていないぞ
小中の義務教育の中で絵を描かされるのだからね
アメリカではそれがないから本当に幼児レベルの絵を描いたりする
263 : スペースNo.な-74  : 2011/04/14(木) 23:17:44.83
アメリカって絵の授業ないの
264 : スペースNo.な-74  : 2011/04/18(月) 14:51:05.07
映画で報われている童貞やキモオタは真のそれではありません
265 : スペースNo.な-74  : 2011/06/02(木) 14:01:00.36
上手いっつっても漫画系の上手さか絵画系の上手さか
ガキの時に描きまくった積み重ねから来るセンスは才能として見るか見ないか
性格的に絵を描くのが苦にならない(努力がし易い)のは才能とするかしないか

でかなり変わってこねえ?
266 : スペースNo.な-74  : 2011/06/02(木) 19:09:12.53
先天的に絵の才能が無いのにこだわりの精神病が邪魔して
いつまでもしつこくやってるのが自殺コースです

超天才に変われると思ってしつこくいつまでもやってると人生が破滅する
267 : スペースNo.な-74  : 2011/06/20(月) 00:33:02.59
フフッ
268 : スペースNo.な-74  : 2011/06/25(土) 13:34:47.53
ふたごの学業成績についての代表的研究ではおおむね次の点で結果が一致している。

・数学・理科は対差が大きくなる
・保健体育・芸術の対差は小さくなる

要するに保健体育・芸術では遺伝子により規程される部分が他の教科より大きい。
またあらゆる調査においてこの対差は標準偏差を大きく下回る(0.5-0.7σ程度)。

すなわちふたご間の成績の差を環境(+努力や偶然)によると見なしたとき、
その影響は偏差値にして最大5-7ポイントの影響でしかない。
またこれは受験の世界で一般的に努力による偏差値の変動はせいぜい5ポイントと
言われている事とも大体一致する。

0.5-0.7σの変動は偏差値70を超えるような上位層(…あるいは30を切るような下位層…)
においては圧倒的な差となって跳ね返ってくる一方、偏差値50程度の層においては大した変化ではない。

つまり努力というのは紙一重を争う上位の才能の持ち主の間でのみ意味を持つという事だ。
269 : スペースNo.な-74  : 2011/06/25(土) 13:49:35.66
>>265に同意

あと普段"絵"を描かなくても、思い通りに線を引く、配色・配置をする、
物を多方面から立体的に捉え、必要な部分をバランスよく選び出す
などを日常的にしてるかどうかも影響すると思う。
270 : スペースNo.な-74  : 2011/06/25(土) 14:59:23.58
>>268
単純に美術の教育法が確立していないだけだ
「好きなように描いてご覧」では差が付くはずがない
片方は脳右有りで、もう片方が脳右無しなら、大きく差が出るだろうね
271 : スペースNo.な-74  : 2011/06/26(日) 12:51:36.45
>>270

>またこれは受験の世界で一般的に努力による偏差値の変動はせいぜい5ポイントと
>言われている事とも大体一致する。

受験の世界において、5教科の(入試対策としての)教育法はかなり確立している件について。
272 : スペースNo.な-74  : 2011/06/28(火) 13:54:22.29
いつも左右バランスの取れない下手な絵を描いていた。でも一生懸命描いていた
ある日急に左右のバランスが取れるようになったら売れた
生きてたら急に左右のバランスが取れる日が来る
からそれまで待てば絶対いけると思います。
273 : スペースNo.な-74  : 2011/06/28(火) 16:50:31.86
こねえよバカ、才能だ、以上
274 : スペースNo.な-74  : 2011/06/29(水) 08:00:39.76
バカには理解できないこと全てが才能に見えるんだよね、可哀想。
275 : スペースNo.な-74  : 2011/07/03(日) 11:56:50.62
幼稚園・小学生の時何も考えずに絵を描いていた時は周りの皆から絵が上手いと言われ
絵画コンクールではいつも上位入選してNHKや海外で自分の絵が展示された事もあった
中学生になって萌え絵に目覚めデッサンとかパースとか考え始めたら全然上手に描けず
あれから10年以上経っても絵が下手でピコ手のまま・・・
こんな俺はいったい・・・・

276 : スペースNo.な-74  : 2011/07/03(日) 17:00:33.60
掛ける言葉が見当たらない
277 : スペースNo.な-74  : 2011/07/03(日) 17:12:41.96
>>275
それはお前の精神病が芸術の才能を与えていたのであって
アニメ漫画の世界ではそんなきもちわるいきちがいのセンスなんか駄目だろ
死ねよ
278 : スペースNo.な-74  : 2011/07/03(日) 17:15:33.09
なんでそんな厳しい言葉を投げかけることができるんだ
279 : スペースNo.な-74  : 2011/07/03(日) 17:26:18.63
>>277
だいたいあってる
280 : スペースNo.な-74  : 2011/07/03(日) 17:34:32.92
どう考えても後天性
281 : スペースNo.な-74  : 2011/07/03(日) 18:17:47.35
実は理系に進み始めてから絵が上手くナッツ
282 : スペースNo.な-74  : 2011/07/03(日) 20:27:02.41
>>275
あれ私いつ書き込んだっけ
でも慣れない中必死で何千枚も描いてるうちに
何とか出来るようになって5年くらいしたら普通に売れ出したよ
283 : スペースNo.な-74  : 2011/07/03(日) 20:30:50.73
>>281
ちょっと違うけど機械の会社に入った人が
実物がなくても全方向や俯瞰を描けるようになってて驚いた
同人やってない設計系の人だけど
284 : スペースNo.な-74  : 2011/07/03(日) 22:16:18.77
実は萌えなんかこれっぽっちも興味無いと気がついてから絵が格段に上手くなった。
流行りの絵柄の萌え絵を描いてる時は苦痛しか感じてなかった。
無意識に好きだと思い込んでただけだった。
でも「自分が水を得た魚になれる絵柄」を見つけてから描くのが格段に楽しくなった。
奴隷から創造主にクラスチェンジした気分。
俺は俺だ!ってアニメでよく聞く台詞だけど本当に言い得て妙だわ。
285 : スペースNo.な-74  : 2011/07/04(月) 11:33:35.15
後天性に決まっとる
286 : 281  : 2011/07/04(月) 17:21:03.51
>>283 ㍉単位の尺度に決められると勝手に脳が矯正されて視点が変わるのかな
只世の中が変わったようには見えないが、先天性には叶わない何かも感じる
287 : スペースNo.な-74  : 2011/07/07(木) 00:04:11.30
甘え
288 : スペースNo.な-74  : 2011/07/07(木) 04:31:41.19
>>284
萌えなんてホントニ好きな奴なんていないだろw

感情の量が多い不安定な発達障害に、これ流行ってるから好きになって
金落とせとエンタメ屋の営業に思い込ませられてるだけだよw
289 : スペースNo.な-74  : 2011/07/07(木) 22:36:55.04
377 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 : 投稿日:2011/03/19(土) 04:00:58.92 ID:Oi0yWu15
1枚描いて100学ぶ選ばれた怠け者を見て
100枚描いて1しか学べない凡人の努力家が
「この人さぞかしたくさん描いたに違いない」と自分基準で考える
悲しい構図はけっこうあると思うw


イラストレータ板より
290 : スペースNo.な-74  : 2011/07/08(金) 09:38:07.99
絵心の無い糞芸人どころか絵心のある糞芸人と同等だったのがショック
とはいえ手段も時間も選ばなければ圧倒的だけどね
それにあいつらはその時間だけ自転車に乗る人物を描くかもしれないが
俺はいつも描いているしそれに対していつも新しいアプローチや発見をしている
そこが糞芸人と圧倒的に違う
291 : スペースNo.な-74  : 2011/07/08(金) 09:48:43.81
そしてようやくチャリ女、オバースロー、ホールインワンの納得のいく落としどころを見つけた
俺は勝ったのだ
292 : スペースNo.な-74  : 2011/07/08(金) 09:52:46.75
それにしても履いている履いてないのやりとりは何だったんだ
無性にイライラしたんだが
お絵かきに参加していたからかもしれない
293 : スペースNo.な-74  : 2011/07/08(金) 09:56:28.96
>>288
俺は萌絵好きだよ
何を萌絵と言うのかは謎だが

>>290-292
何に対して発言しているの?
アンカー付けるか、あるいは独り言ならブログでやってちょうだい

294 : スペースNo.な-74  : 2011/07/08(金) 10:07:51.43
アメトークでお絵かきしてた
そしてあの種の一時的下手糞はなんの基準にもならない
下手糞を下手糞づけるための茶番
295 : スペースNo.な-74  : 2011/07/11(月) 14:39:52.98
絵の上手さが遺伝するなら、お祖母ちゃんが画家の私は今頃天才絵師だ。

ちょっと上手く描けた時に、身内とか友達に「お祖母ちゃんの血筋」って言われるとムカッとくる。
毎日努力してんだっての。
しかも、お祖母ちゃんは風景画なのに、私は背景ド下手。

絵の上手さは後天性だと思うよ。
296 : スペースNo.な-74  : 2011/07/11(月) 22:40:41.55
この手の話は右脳本の続編『内なる画家の眼』に載っているよ
もし「子供の思うままに描かせる」美術の教育のように、読書が「子供の思うままに読ませる」教育ならば
本が読める子供は、読書の才能があるとか、血筋だとか言われるだろうって話
297 : スペースNo.な-74  : 2011/07/21(木) 20:04:26.99
>>290-292
なんだかわからないけど、負け犬臭のひどいレスだね
298 : スペースNo.な-74  : 2011/07/22(金) 15:01:08.75
というか最近のアメトークは油断をしていると履いている履いていないみたいな
しつこいやりとりで笑わそうとしてイライラする
299 : スペースNo.な-74  : 2011/07/22(金) 15:04:35.75
ちなみに読み直してみたらそこまでひどいことを言っていなくて安心した
もっとひどいことになりログを削除しているものがザラにある
300 : スペースNo.な-74  : 2011/07/22(金) 15:24:29.56
解説しよう
履いているとは絵心の無い糞芸人がゴリラを描いたとき
腰の辺りの謎の横線を絵心のある糞芸人がズボンを履いていると言ったのに対して
履いていないと言い張り永遠の応酬を繰り返した出来事だ
絵心のない糞芸人が上半身と下半身を分けて描いたことが起因したらしい
ちなみにそれらの絵は絶賛展示中
301 : スペースNo.な-74  : 2011/07/22(金) 15:31:22.15
そして昨日それに相当したのがドッジボールでリーダー格の目が光る光らない
のやりとり
302 : スペースNo.な-74  : 2011/07/22(金) 15:33:25.40
ただ、言質をとって3度目もあると読んでいるよ
303 : スペースNo.な-74  : 2011/07/22(金) 15:39:26.32
アブちゃんの写真を入れ歯を外したお爺ちゃんと言わなかったのは良かった
それはアツシの番組で用済みだからね
そこまでは落ちぶれていないだろうとハラハラものだった
304 : スペースNo.な-74  : 2011/07/22(金) 15:52:53.10
ところで、最近はどこに何に墨ベタが塗られているのか?という統計を取っている
305 : スペースNo.な-74  : 2011/07/23(土) 12:01:19.46
うわー
東京03できたか
その発想は無かった
これで3段オチは一応の終息をみた
糞芸人が変なプレッシャー感じたらつまらないからね
金丼の河本みたいに
306 : スペースNo.な-74  : 2011/08/03(水) 20:25:19.41
ふたごの学業成績についての代表的研究ではおおむね次の点で結果が一致している。

・数学・理科は対差が大きくなる
・保健体育・芸術の対差は小さくなる

要するに保健体育・芸術では遺伝子により規程される部分が他の教科より大きい。
またあらゆる調査においてこの対差は標準偏差を大きく下回る(0.5-0.7σ程度)。

すなわちふたご間の成績の差を環境(+努力や偶然)によると見なしたとき、
その影響は偏差値にして最大5-7ポイントの影響でしかない。
またこれは受験の世界で一般的に努力による偏差値の変動はせいぜい5ポイントと
言われている事とも大体一致する。

0.5-0.7σの変動は偏差値70を超えるような上位層(…あるいは30を切るような下位層…)
においては圧倒的な差となって跳ね返ってくる一方、偏差値50程度の層においては大した変化ではない。

つまり努力というのは紙一重を争う上位の才能の持ち主の間でのみ意味を持つという事だ。
307 : スペースNo.な-74  : 2011/08/03(水) 21:37:46.80
デッサンとか技術的なことは練習さえすれば誰でも出来る
ただ、絵を魅力的に見せるのはその技術の部分ではない
308 : スペースNo.な-74  : 2011/08/04(木) 02:35:52.44
誰でも必死で努力すれば絶対に100メートルを9秒台で走れるようになるわけじゃない
そんなことは言われるまでもなく皆が心のどっかで感じてることなのに
絵に関してはなぜか根性論や描き手の性格論が信じられてる。これはとんでもねーことだ
309 : スペースNo.な-74  : 2011/08/04(木) 02:53:52.10
じゃあやめればいいよ
努力できるかどうかも才能のうちです
310 : スペースNo.な-74  : 2011/08/04(木) 04:33:08.24
残念ながらこれは美大の先生が言ってたことなんでーす
311 : スペースNo.な-74  : 2011/08/04(木) 07:34:02.44
うん、だからさ努力しても9秒台で走れるかは努力する前には分からんのよ
血反吐吐いて努力した結果やっぱりダメかもしれんよ
ダメかもしれないからやりたくないってならやらなきゃいいだけの話
「ダメかもしれない」の恐怖に耐えながら暗闇の中
血反吐吐きながらも走りこむのはしんどいことなんだよ
でもそれができないならもしも9秒台で走れる才能を秘めてても
表に現れることはないんだよ

9秒台で走れる才能&才能の有無が分からなくても信じて走りこめる才能
両方必要なんだよ
片方欠けてる人は世の中に掃いて捨てるほどいる
自分もそうかもしれない
だけど俺は両方持ってる、って信じるしかない
これは根性論とは違うよ
312 : スペースNo.な-74  : 2011/08/04(木) 10:35:13.01
絵はどちらかというと短距離よりマラソンじゃね?
313 : スペースNo.な-74  : 2011/08/04(木) 12:02:59.90
いい絵だと感じさせるのも実はパターンがあるからある程度知識でなんとかなるよね
美術予備校でやる受験用の色彩構成にその辺のノウハウが集約されてる
いかに短時間でそれなりに見せるかということも含めて
314 : スペースNo.な-74  : 2011/08/04(木) 12:43:04.63
セミプロ級と言える運動能力の持ち主はそれなりにいるわな絵でも。
315 : スペースNo.な-74  : 2011/08/04(木) 13:59:03.20
絵が描けるかなんて
自転車に乗れるか程度の話だよ
316 : スペースNo.な-74  : 2011/08/04(木) 18:36:53.08
描ける人はそう思うだろうね。
勉強でもスポーツでもそうだけど、できる人は「なんでできない!?」 って疑問に思うよね。

部活でもさ、全く同じ練習したって抜きん出て輝く奴と、なんで続けてるの?って奴に分かれるみたいな。
個体差だよ。
317 : スペースNo.な-74  : 2011/08/04(木) 18:44:14.83
同じ事をしてるように見えて実は違ったりすんだけどね

毎日腕立て伏せ50回をやってる人が二人いたとして
効果を高めるストレッチもやってるかどうか、
鍛えたい筋肉の動きを意識してるかどうか、
きちんと効果の高いところまで伏せてるかどうか、
腹筋や背筋に力を逃がして楽をしてないかどうか、
それで違いが出る。
同じ50回でもきっちりやるのとピョコピョコ関節曲げるだけなのでは
全然違うのよ
「個体差」なんて言い切るタイプの人は
そういう違いが見えてないのに「同じことやってるのに」と
言ってる場合が多い
318 : スペースNo.な-74  : 2011/08/04(木) 20:44:05.33
描ける人、描けない人とか個体差とか0か1かみたいなとこしか言えないやつってのは
まだ中学生並くらいの知能だろう。
ちなみに出来ない人には出来る人がなんで出来るのか分からないだろうが
出来る人には出来ない人がなんで出来ないのかはよく分かる。
319 : スペースNo.な-74  : 2011/08/04(木) 21:17:13.24
努力が足りないからだな
よく分かる
320 : スペースNo.な-74  : 2011/08/05(金) 13:13:04.55
クロッキーや模写のやり方が正に>>317な感じで
そのやり方で幾ら描いても人体グリグリ動かせるようにはならないよ?みたいな人はいるね。
321 : スペースNo.な-74  : 2011/08/05(金) 14:19:27.72
そう言うのがトレスで逃げるんだよ
322 : スペースNo.な-74  : 2011/08/05(金) 14:39:41.03
重要なのは過程の構造解析であって綺麗に写し取れるのはその結果でしかないからな・・・
意識しないでやっても転写の技術が上がるだけという
323 : スペースNo.な-74  : 2011/08/05(金) 15:06:49.46
転写の技術だけじゃーw
324 : スペースNo.な-74  : 2011/08/06(土) 03:30:29.55
>>317の言う事は前提なんだけど、それができるかできないかが個体差じゃないのかな。
卵が先かひよこが先かみたいな話になるけど。

足短いから走るの遅い、とか
コツが誰に言われなくても気付ける勘の良さ、とかそういう単純な「個体差」
325 : スペースNo.な-74  : 2011/08/06(土) 06:00:24.75
世間一般でいうところの「上手い絵」を100とすると、10の努力で100に達する人もいるかもしれないけど、
まぁ大多数の人が100~200の努力でようやく100に達する凡才だと思う
その努力ができるかどうかも才能っていっちゃったらそれまでだけど、
いくら努力しようと100に届けない、って人は滅多にいないはず。
先天性だろうと後天性だろうと、同人スレで語れるタイプの二次元イラストならだれでも上手くなれるんじゃないのかな
努力量が人によって多少違うにせよ。
326 : スペースNo.な-74  : 2011/08/07(日) 12:36:16.04
いいか、みんな
 (゜д゜ )
 (| y |)

才能がある奴が努力すると
才能 ( ゜д゜) 努力
 \/| y |\/

 二つ合わさって天才となる
 ( ゜д゜) 天才
 (\/\/

そして、いいか、みんな
 (゜д゜ )
 (| y |)

無能な奴が努力すると
無能 ( ゜д゜) 努力
 \/| y |\/

 二つ合わさって無力となる
 ( ゜д゜) 無力
 (\/\/
327 : スペースNo.な-74  : 2011/08/10(水) 21:37:53.49
今更こんなスレ見たら>>2で終わってて吹いた
才能とか努力とか、そんな見えないものいくら語っても役に立たないだろう
出来る奴かどうかは本人見りゃその性格でだいたい分かる
328 : スペースNo.な-74  : 2011/08/17(水) 11:06:14.26
>>316
最終的に何か面白くないと何にも無い
サッカーが上手い、足が速い、字が綺麗、容姿端麗、絵が上手いなどなど
全く面白くない
329 : スペースNo.な-74  : 2011/09/12(月) 23:10:45.34
そのくせ平均から遥かに外れた天才は煙たがられるんだよな
学問や芸術ならまだマシだが100メートル7秒で走ったら化け物扱い決定
結局ドングリの背比べの中で上位のやつがウハウハできる
330 : スペースNo.な-74  : 2011/09/13(火) 03:56:21.90
そりゃベストは尽くしたものだけど100%満足してるわけじゃない
なのにやたら褒めてくる奴らっていなかった?特に絵とか字とか
他にもうまい人いるのにだよ?
まあそいつらは他の上手い人も褒めてたりするんだろうけどさ
決まった人間が毎回言ってくるわけでもないし
社交辞令として流してはいたけどどことなく気味悪かったんだ
もっと上を見ないで何言ってるんだ、としか感じなくてね
>ドングリの背比べの中で上位
自分はこれだったのかな、と今思った
本人が満足しなきゃ順位なんか意味ないのに、アホみたいだ
331 : スペースNo.な-74  : 2011/09/14(水) 02:22:33.31
自分は上手い方だと思うが考えてみれば自分の人生殆ど絵をかいてた
学校から帰ってきておえかき
部活で疲労しててもおえかき
大学飲み会ないときはおえかき
多分一生で凄い枚数と人物描いてる
でも苦痛じゃなかったから努力とは思ってなかった
上手くなるにはやっぱり努力っていうより愛だと思うマジで

でも最強は商業や同人の原稿が苦痛ではないけど手が止まるときがある
いい加減疲れてきてんのかもな…
332 : スペースNo.な-74  : 2011/09/14(水) 19:01:10.95
絵の才能っていうか、絵の良し悪しを見抜けるのは先天的。
そこからは努力だから、後天的。

脳の作りが言語や音に向いている奴は、絵のバランスが感覚できない。
だから細部ばかりこだわって全体が崩壊している絵を描く。

科学的にも画力はかなり遺伝が強い。
人間の能力といわれているもののうち、かなり先天的なほうだろう。
スポーツ関係の次ぐらい。

ただ、後天的な努力がポイントになる。
才能あっても描かないでいるといくらたっても上手くならない。
女好きや車好きならそれぞれ魅力あるものが描ける。
このへんが後天性とかいわれているんだろう。

結論:スポーツの次ぐらいに先天的だが、後天的な努力などが重要。
333 : スペースNo.な-74  : 2011/09/15(木) 00:05:54.96
それは音楽も創作も数学もなんだってそうだろうが
プロになる程度なら凡才でも充分
トップグループの一人になるなら才能も必要だろう
334 : スペースNo.な-74  : 2011/09/15(木) 14:21:30.10
サヴァンとか努力じゃ説明できんもんな
335 : スペースNo.な-74  : 2011/09/15(木) 23:03:40.68
先天的
才能のあるなしで伸びが違うとかそんな問題じゃなく
才能がないと絵を描くってことがまず成立しないってレベル
つか絵描きって分野に入った時点で才能あるだろ
小学生の時絵で賞取ったとか美術の成績良かったとか
友達や先生や親に上手いねって褒めて貰えた、それが才能
336 : スペースNo.な-74  : 2011/09/15(木) 23:06:58.85
そりゃあ小さいころから描きまくっているからな
年季が違うわ
337 : スペースNo.な-74  : 2011/09/16(金) 00:12:47.85
>>331
大切にしろよその才能
ほとんどの人間は何もしたくないからな
338 : てーへん ◆/dFe/L4S/k  : 2011/09/16(金) 21:28:50.19
10歳ぐらいの頃プルツーで抜いた事がある
それは思春期としては同世代の女の子で抜くのは当然だ

でも今オナニーしたら、ただのロリコン変質者だよね・・・
だけどプルツーのパイスー姿は子供だけどデンジャラスで・・・

プルには欲情しないんだけどプルツーには・・・正直
でもリアルでいたら手はもちろん出さないけど、キスぐらいは・・・でもプルツーの性格的に一瞬で灰にされるよね
339 : スペースNo.な-74  : 2011/09/19(月) 22:56:07.50
上手くならないやつって考えてないだけだとおもうんだけどなあ
ここで話してる上手さって写実のことでしょ?
時間かければどうとでもなるって意味では後天性
考える頭があるかって意味では先天性
340 : スペースNo.な-74  : 2011/09/20(火) 01:04:49.82
たとえば幼児期に感受性豊かな情操教育を受けて
後天的に絵のセンスを獲得しても
いい年こいたら何も知らない奴らから先天性のセンスといわれる
341 : スペースNo.な-74  : 2011/09/20(火) 12:47:49.95
先天性だと思う
子供の頃、何もしてないのに人より絵上手かった
幼稚園で初めて絵描いたとき、他のみんなが描いた絵と明らかに違いすぎてるのが自分でもわかった
どの先生も初めて見た時は「あなたが描いたの?」ってびっくりしながら聞いてきた
その後も特に何もしてないし人より多く描いてるわけでもないのに
上手い上手いと言われ続けて飾られたりどこかの国に贈られる絵に選ばれたりとかした
中1ぐらいまでそんな感じで後は美術とかサボってたしだんだん普通になっていった
で社会人になってから趣味で描くようになって、そこらへんにいるレベルなのが今

結論
先天性だけど上手いのは経験差とかあんまりない子供の頃だけで
後は練習したりセンス身に付けたり経験積んだ人には敵わなくなっていくって感じかなと思う
342 : スペースNo.な-74  : 2011/09/20(火) 23:45:32.47
>>341
幼稚園以前に自由に絵を描ける環境だったり、絵を描いてると親が特に誉めたりとかは
なかった?
343 : スペースNo.な-74  : 2011/09/21(水) 00:19:08.03
才能あるってのは早熟タイプの事なの?
344 : スペースNo.な-74  : 2011/09/21(水) 00:35:54.64
幼稚園で上手かったとかなんて赤ん坊が何ヶ月で歩けるようになったか程度の誤差だろ
つか結局今普通なら才能なんてなかったんじゃん
345 : スペースNo.な-74  : 2011/09/21(水) 07:15:48.07
絵なんてとにかく役に立たないしんどいものを
うまくなりたくてなりたくて描きまくって寝食忘れて打ち込める
人生の他の選択肢を投げ打ってまで描き続けてしまう
そういう世間の価値観からズレた情熱を継続できるのが才能だと思う
346 : スペースNo.な-74  : 2011/09/22(木) 16:18:16.57
そうか?
漫画家になる、とかイラストレーターとかアニメーターとか社会に直結する能力だと思うが
同人レベルでもいいんだけど

学校の科目でもいえば、社会とか国語とかのほうが役に立たない。
347 : スペースNo.な-74  : 2011/09/22(木) 18:41:44.37
役に立つ能力なんて結果が出ないとわからない
でもないと困る能力ははっきりしてる
少なくとも絵はないと困る能力ではない
それをどう生かすか役立てるかは本人次第
348 : スペースNo.な-74  : 2011/09/22(木) 19:10:17.22
アプリとかコンテンツつくりとかにも実は漫画家能力は役に立つ
というかレベル高い漫画描ける人は大体事務処理とかツール作成
データー作成もレベル高くこなす
モノ作り全般で才能発揮できる
349 : スペースNo.な-74  : 2011/09/23(金) 17:36:10.23
逆に絵が半端なく下手な人は営業に向いている希ガス
350 : スペースNo.な-74  : 2011/09/23(金) 18:16:19.60
>>348
マンガ描けるやつがみんな万能ってわけじゃねーだろ
体格いいやつはスポーツなんでも得意なわけない
351 : スペースNo.な-74  : 2011/09/23(金) 18:58:13.76
>>349
絵が半端なく下手な人は営業に向いている理由はね
それは明らかに詐欺なのに自分は正しい良いことをしてるって
間違ったことを自分の都合のよい解釈と自己洗脳ができるからだよ

当然間違った線を引き続けても正しいと感じるから下手糞なまんまだわなww
352 : スペースNo.な-74  : 2011/09/23(金) 19:04:36.00
要するに詐欺、犯罪行為、他人に迷惑かけてるのを
正しい良いことで他人に喜ばれ、自分は皆に好かれてる
そうやって自己洗脳ができるのさ
当然しんどい試行錯誤、自己否定による自己研鑽できないから
いつまでたっても自己肯定で馬鹿で下手糞のまま
自分は天才で素晴らしいと思い続けるのさーーーーーwww
353 : スペースNo.な-74  : 2011/09/23(金) 19:21:36.90
法則発見のアハ体験の取捨取得選択ができない
自己行動の全てを肯定する社会から金を奪い取る行為のみ目的の営業行動に向いてる
詐欺犯罪者キチガイイケイケ人間に絵なんか描けるわけねーだろwwwww
354 : スペースNo.な-74  : 2011/09/23(金) 19:26:08.06
なあ?他人に笑顔で騙して自分も騙して
そしていい人ぶってるのに結局他人を騙して金を毟り取ってる人間が
絵なんか描ける訳ねーだろバーか
355 : 349  : 2011/09/23(金) 23:01:04.12
なんで突然キレられたの?俺
356 : 349  : 2011/09/23(金) 23:03:05.02
俺が言った半端なく下手って浜田雅功、小林ゆうクラスのことなんだけど
何で突然キレられまくったの、俺。。。
357 : スペースNo.な-74  : 2011/09/23(金) 23:11:35.92
ヤンヤヤンヤ
ヤンヤヤヤヤヤヤ
358 : スペースNo.な-74  : 2011/09/30(金) 03:00:04.93
心の遺伝子みたいなサブタイの研究で一卵性双生児と二卵性双生児を何組も比較して
遺伝子と環境がどう性格と能力決めるのかを調べたよって発表見たけど、
結果は項目によってまちまちで、ざっくり言うと
言語獲得は100%環境、性格は50%遺伝子などなどで、平均40%は遺伝子。
空間認識は60%だったから絵がどれだけ写真に近いか?という軸で見れば
有る程度先天性かもしれない。絵は科学技術みたく性能を測れるものじゃないし、
結局は評価する側が何を見たいかも関係するだろうしで結論出すの難しい気がする。
359 : スペースNo.な-74  : 2011/10/05(水) 21:14:57.50
性能は測れるだるう?
尺度を決めれば。

リアルな絵、という点では、遺伝が大半だろうね
幼稚園のときからすでに下手な奴と上手い奴がいるわけでさ
勉強とかならいくらでも順序は変わるけど

スポーツの次ぐらいに生得的だろう
味のある絵とかなら別だが

勉強の中じゃ生得的な能力感のある数学とかなら、いわゆる数覚なんかがなくても、経験的にカバーできる。
しかし写実的な漫画絵だと最初から脳機能が欠落していると、そこで試合終了。

スポーツ、絵、音楽といったあたりが先天的だろう。
続いて、数学や小説などがある。
後の人間の業は、おおむね後天的なもんが大きいだろう。
360 : てーへん ◆/dFe/L4S/k  : 2011/10/05(水) 21:56:34.78
才能が遺伝的にも絶望的に無く海馬も萎縮して
空間把握能力も平均より絶望的に障害があり
ストレス脆弱性が稀有に高く努力も無理
生まれつきの甘ったれの脳

でもどうしてもあきらめ切れない俺は死んだ方が楽なんだが
馬鹿にされたまま死ぬのが我慢できずとりあえず世界潰したいんだけど
そんな力も無い俺は毎日布団の上で生命活動が停止する目で寝ていたいんだが
それもつらいのでできない
361 : てーへん ◆/dFe/L4S/k  : 2011/10/05(水) 22:01:50.19
せめてアシスタントに一回でもでて先生や先輩スタッフのしごきを受け
馬鹿だとばれてから残虐な虐めに変わってから絶望して自殺する
真っ当なワナビの人生を送りたかったが、

とりあえず布団の上でサラさんとセックスオナニーする
362 : スペースNo.な-74  : 2011/10/06(木) 04:39:33.27
ウイルスか判らんが元気出せよ。
363 : スペースNo.な-74  : 2011/11/07(月) 06:25:18.11
何かの技術を上達するには何かをやりこむ体質じゃないと無理じゃないか?
飽きっぽい奴が一番向いてない
364 : 忍法帖【Lv=34,xxxPT】  : 2011/11/07(月) 15:40:24.32
んだ
365 : スペースNo.な-74  : 2011/11/07(月) 21:59:37.32
ADHD持ちの俺は向いてないって事?
この中で発達障害持ちっています?
366 : スペースNo.な-74  : 2011/11/07(月) 22:44:58.80
ADHDで手帳持ちの絵かき同人作家さんいるけど上手だよー
障害とかよくわかんないけど何に興味持つかどうかじゃないの
367 : スペースNo.な-74  : 2011/11/08(火) 00:07:20.13
>>365
言語・動作の優劣も関係するのかなー>発達の描き手

自分は動作>言語のPDD、軽度ADHD傾向だけど
根本的な能力が低い(観察力・センス・集中力の欠如)から
長年描いててもあまり上達しない
最近は二次障害の鬱っぽさから手が動かんわ…
368 : スペースNo.な-74  : 2011/11/08(火) 01:00:24.05
ナルト作者の双子の弟も漫画描いてるけど、
連載初期はナルトと同じ絵柄だけど最近はナルト作者より上手くなってる
369 : スペースNo.な-74  : 2011/11/12(土) 07:03:14.67
ナルトの作者の弟ってナルト作者の双子の弟だったのか
10年前くらいに見た時は絵柄は似てるけど明らかにデッサン崩壊してて
バランスめちゃくちゃな男子中学生みたいな下手な絵だったけど
そんなに上手くなったの?
370 : スペースNo.な-74  : 2011/11/12(土) 07:14:00.32
なんか気になったんでググってみた
『ブレイザードライブ』の早期購入特典はスペシャル小冊子
っていうのを見たらやっぱどう見てもナルトの作者より下手だった
基礎的なデッサン狂いが治ってないし
絵が固くて動きが不自然だし
ナルトより全然上手くなかった
371 : スペースNo.な-74  : 2011/11/24(木) 16:47:02.40
www
372 : スペースNo.な-74  : 2011/11/30(水) 14:57:32.58
話はナルトよりおもしろいと思う…
サタンとかナルトより話のテンポよかったよ、はじめは拒否反応が出てあんま見れなかったけど途中から面白くなった
373 : スペースNo.な-74  : 2011/11/30(水) 15:20:51.36
話が面白くて絵が下手なら福本レベルでもいい訳で

でも双子って1卵生かな?だとしたら遺伝子同じで同じ環境で育ってるのに
画力にあれだけ差が出るってことは後天的なものが大きいのかな

もし2卵生の双子だったらまた違ってくるけど
374 : スペースNo.な-74  : 2011/11/30(水) 20:55:48.85
>>373
意識の差が大きいからな上手い下手は
375 : スペースNo.な-74  : 2011/11/30(水) 21:51:49.19
話が面白ければは賛成
きよすぎとか日和とか逆に下手絵の方が面白く感じる
あれをデッサン完璧な絵でやったら逆に覚める
376 : スペースNo.な-74  : 2011/11/30(水) 23:24:40.70
しかし話が飛び抜けて上手ければいいが
絵も話も中途半端なのが一番印象に残らないよな
絵だけでも飛び抜けてればナルトみたいに印象に残るけど
絵もパッとしない程度の「そこそこ」で話もパッとしない程度の「そこそこ」だと
「誰それ?」な作家で終わる
377 : スペースNo.な-74  : 2011/12/03(土) 15:45:19.23
根本的には先天性だと思う
(死ぬほどでも)努力をすれば
誰でもミケランジェロやルノアール、ゴッホになれる訳ではないので

それでも努力をすれば
努力をしない才人ほどにはなれる
378 : スペースNo.な-74  : 2011/12/03(土) 16:10:14.64
ミケランジェロは人体造形有機造形の超天才
とにかく人体や有機構造の取り巻く空間把握能力
恐らく海馬系が極端に発達していたとしか思えん
神に選ばれた人体造形進化系造形の史上唯一の超天才
知能指数は180あったそうだ

ルノアールは凡才

ゴッホはミケランジェロと間逆で脳の病気で海馬系が破壊されてるため
造形能力は努力しても凡人より極端に低かっただろうが
平面構成と油絵の具の素材を生かしたその後の油画における
色彩工芸的な美しさのミーム(共通意識)を作り出した
それは彼の重い精神病に拠ったモノだが人類の抱える
脳における感覚の微細な感情表現が物理的に行えた
とにかくミームの創設者であるが故生前は下手糞無能絵師認定だったが
親族の努力で天才へと昇華できた。ゴッホのストーカーでキチガイの
ゴーギャンはゴッホのおかげで天才のおこぼれをいただいたクズ
379 : スペースNo.な-74  : 2011/12/03(土) 17:21:15.31
>平面構成と油絵の具の素材を生かしたその後の油画における
>色彩工芸的な美しさのミーム(共通意識)を作り出した

ゴッホの絵って平面の中でもちゃんと空間が意識された構成になってると思うけど……
平面構成の中で立体が構成されてるからこの部分はちょっと違和感
380 : スペースNo.な-74  : 2011/12/03(土) 17:25:26.47
ゴッホの絵の立体感はマチエールで表現されているんだよね
ほんとはトーンやバルールなんだけど
あの特殊な世界を作ったゴッホは本当に奇跡の天才なんだが
それを拾い上げたのも奇跡、実はゴッホ級なんて何十万人も居るけど
認められるのは運ですから
381 : スペースNo.な-74  : 2011/12/03(土) 17:29:52.23
ゴッホのストーカーでキチガイの ゴーギャンがゴッホを殺したらしい
銃で撃ったのはゴーギャン本人。精神病で競争の概念がないゴッホは
クズにぶち殺されてもクズをかばってた変態
382 : スペースNo.な-74  : 2011/12/03(土) 17:40:42.62
ゴーギャンがゴッホぶち殺したのはジョンレノンが殺されたのと同じ理由
383 : スペースNo.な-74  : 2011/12/03(土) 17:41:21.32
でもゴッホの後期の絵ってよく見ると
統合失調症が悪化した患者が描いた絵にちょっと傾向が似てるんだよね
あれは精神的な物も起因してるんだと思う
384 : スペースNo.な-74  : 2011/12/03(土) 17:48:54.33
お前バカ?ゴッホは最初から最後まで重体の統失と双極性だよ
しかもどんどん重症化、アブサン中毒も併発してべろべろのキチガイだよ
385 : スペースNo.な-74  : 2011/12/03(土) 17:59:12.54
当時はアウトサイダーアートの概念が無かったからな
アウトサイダーアートの源流もゴッホ
386 : スペースNo.な-74  : 2011/12/03(土) 18:01:59.40
アウトサイダーアートって大抵気持ちわりいんだが
ゴッホは天才だから常人が見ても美しいんだよな
特に絵を突詰めた人こそ理解できる部分も多い
やっぱ天才。それに嫉妬してゴーギャンはぶち殺したの
しらばっくれれば逃げられることも知ってた真のクズ
387 : スペースNo.な-74  : 2011/12/03(土) 18:04:42.21
アウトサイダーアートってなんちゃってアウトローでしょ?
ガチの統失のゴッホに勝てる訳ない
狂ったポーズを気取ってるまともな人とガチで狂ってる奴

ところでさっきからゴーギャンがゴッホ殺したって言ってる奴なんなの?
388 : スペースNo.な-74  : 2011/12/03(土) 18:06:33.66
ゴッホと交信した
389 : スペースNo.な-74  : 2011/12/14(水) 18:17:34.94
うちの親はムサビだが、俺は本当に不器用だった。
しかし姉は死ぬほど絵が上手く、それも全く教育課程を受けたことがなかった。
専門出とはいえ美術的教養のある絵の上手い俺の昔の彼女曰く、
姉の絵はかなり巧いのだそうだ。実際に絵の具の扱い、ストローク等器用だった。
デフォルメ絵まで器用にこなした。
俺は幼少期にうっすらと姉には勝てないことを知りつつ努力した。
その記憶は今でも憶えている。
やがて絶望に変わり、今の中年になるまで絵をまともに描こうとはしなかった。
その後、骨折絵から描き始め、いまやっと一年目に突入した。
「1年目とは思えない」と言われるほどに成長したが、
それでも神絵師にはほど遠い。
390 : スペースNo.な-74  : 2011/12/14(水) 18:17:52.53
(続き)
先天性の才能は確かに有る。だがそれは必ず遺伝するとは限らない。
俺は人の三倍努力しても人体パースがまだ甘い。
絵の遺伝子は姉に味方したようだ。
だけど三倍も努力すれば年数自慢くらいは出来る様になる。それも本当。
ただ、経年だけでなく枚数量を換算すると我ながら愚鈍だと思う。
努力だけでは駄目。才能もやっぱり必要な世界。
何年経っても「全く」上達しない人は気付けない人だ。だから素直に教室なり、先生なりを付けた方がいい。気付いていても直せないなら、直せる方法論を反復してやるしかない。
それでもなお、才能はあると感じる。
391 : スペースNo.な-74  : 2011/12/14(水) 18:18:50.47
(続き)
漫画絵の巧いやつは、身体の周囲にボックスなんぞ描かない。
油絵はマチエール即、面となって顕れる。
パース線を引くフェルメールと引かない画家。
空気のように線画とパースを操る漫画家の下手くそな厚塗り。
速い制作スピードの寺田と、モチーフを見なければ描けない芸大生。
回り込みと立体と造形の崩れている寺田と、正確無比な芸大生。

話は戻るが、自分が一年目に劇的成長を遂げたのは努力だけじゃない。
多分子供の頃の姉を追い抜かすべく研鑽した結果がある程度出ているだけだろう。
だから今は伸び悩んでいる。

連投すまんな。
392 : スペースNo.な-74  : 2011/12/16(金) 02:52:43.78
フェルメールは写真トレスの元祖
393 : スペースNo.な-74  : 2011/12/16(金) 02:55:27.72
>>389
お前の親ムサビなら公立美術教師なら別だがそれ以外の職業なら悲惨だな
超絶貧乏暮らしだろうな、。ご愁傷様
394 : スペースNo.な-74  : 2011/12/31(土) 05:33:06.53
先天性だよね。運動と同じで別に驚くことじゃない
でも別に天才と凡人の真っ二つに割れてるわけじゃなく
才能ない 1くらい才能ある 3くらい才能ある
みたいに、天井は細分化されてるから
自分の伸びる範囲で頑張りたい
さすがにもう努力であきまんクラスになれるとは思ってないからな…
395 : スペースNo.な-74  : 2011/12/31(土) 11:33:27.42
>さすがにもう努力であきまんクラスになれるとは思ってないからな…
毎日9時間を3年間やってから言ってくれ
5時間なら5年
396 : スペースNo.な-74  : 2011/12/31(土) 22:41:21.63
>>395
もう年齢が30近いんだよ。
多少は伸びるけど若いときほど伸びないし仕事あるから時間がかけられない
それ込みの話だ

若くて客観性のある目を持っててお世辞を真に受けず試行錯誤する性格ならいけるんじゃない
397 : スペースNo.な-74  : 2012/01/10(火) 02:11:26.39
>>394
るかわ乙
398 : スペースNo.な-74  : 2012/01/10(火) 02:47:10.87
>>396
30代って世間的には十分若い人扱いだと思うんだけどな
伸びしろも10代に比べたらつらいけど
十分残ってるから世代だから卑屈にならずにやれるだけやってみなよ
399 : スペースNo.な-74  : 2012/01/16(月) 19:59:04.47
age
400 : スペースNo.な-74  : 2012/01/17(火) 00:26:39.85
絵の上手さは先天性だが、絵が売れるのは後天性
アホにはそれがわからない
401 : スペースNo.な-74  : 2012/01/19(木) 02:07:26.92
才能がない奴は技術に走るが、
その技術を上手く把握し生かせない

才能がある奴は技術に走らないが
いつの間にか技術も習得している
402 : スペースNo.な-74  : 2012/01/19(木) 02:34:25.75
「才能」という言葉は、もっと明確にしておくべきである。
自分の技能を必死に習得してきた人間にとって、
その能力を「天賦の才能」とされるのは、腹立たしいことである。
おそらく「天賦のインスピレーション」によって完成されるような天才は、
100 年かそれ以上の間にひとりしか出てこないものである。
私はそういう人物に出会ったことはないし、
額に汗することなく今日の地位を得た第一線の美術家というものを知らない。
しかも彼らのうち、誰ひとりとして、厳しい仕事を続けていない者はない。
美術の世界では、努力することを止めてもうまくゆく方法など存在しない。
403 : スペースNo.な-74  : 2012/01/19(木) 06:30:42.88
俺なんかは真の天才なので努力をしたことがない
というか努力と思ったことがない
404 : スペースNo.な-74  : 2012/01/19(木) 14:58:30.89
努力=苦労じゃないぞ
努力と思ったことがない、じゃなくて
苦労と思ったことがない、だろ

その事柄に没頭することを努力というんだ
苦労しているか、楽しんでいるかは関係ない
405 : スペースNo.な-74  : 2012/01/19(木) 18:19:22.32
脳は生まれた時はみんな一緒。
先天性の才能なんて存在しない。

絶対音感や写真記憶みたいに、幼児期のある年数までの育ち方で決まる。
全ての能力は後天性であるが、幼年時代についた決定的な才覚の差を大人になって埋めるには途方もない時間がいる。
406 : スペースNo.な-74  : 2012/01/20(金) 17:16:46.63
コピペ

母親の腹の中にいるときから受精卵がDNAのプログラム通り細胞分裂をはじめている。
倍々になり、腹の中ですでにとんでもない細胞数で構成される脳は、天と地ほど個人差がある。

似た形をしてるので、鈍感なものは子供の差に気がつかない。たまに、差が目立つ子供もいる程度である。

子供の頃の少しの差が時間とともに、すなわち細胞の分裂とともに、爆発的な差を作り出す。

「なんで昔は同じだったのに…、あいつは背が高くなったのか。」

当たり前である。DNAプログラムは倍々で差を生み出すのだから。脳の構造も子供のときの少しの差が倍々に影響する。

一年後は2倍、十年後は1024倍。
その結果、たまたま身長の違いが生まれたのであろう。

これは、多数の専門家たちの「素人とプロの差よりも、プロとプロの差の方がはるかに大きい」という主張につながるのかもしれない。

話を戻す。
私の研究室でDNA操作により記憶力(迷路攻略)が倍以上のマウスを生み出すことに成功した。

マウスが実験に使われる理由の1つに個体差が少ないというのがある。
しかし、個体差が少ないマウスでも、成績の悪いマウスには同じ訓練をさせてもいい成績がなかなかだせない。

小さく簡単な迷路なのに同じ道を何度も行き来し、なかなかエサにありつけない。
天才マウスがかろうじて解ける巨大な迷路に入れたら餓死するだろう。(一部のマウスは数時間で餓死する。)

ただ、平均的なマウスでも訓練量を増やすと天才に及ばないまでも、教育を受けないマウスに比べ成績がよくなる。
407 : スペースNo.な-74  : 2012/01/31(火) 01:42:42.60
やっぱ、才能や魅力は先天的だね
408 : スペースNo.な-74  : 2012/02/01(水) 06:39:27.26
魅力って曖昧だけど確かにあると思う
これのせいで上手いのに人気出ない人や、
そんなに上手くなくても人気が出る人などの違いが出て、
嫉妬に繋がったりしてそう
409 : スペースNo.な-74  : 2012/02/13(月) 10:13:13.53
自分ちは親戚に絵本作家がいたりして、元から家に絵を描く道具が充実してたし
親も絵を描く人だから、物心付く前から絵を描いて遊んでたんで
先天的なものか、生まれた環境が整っていたための後天的なものか区別が付かないや
410 : スペースNo.な-74  : 2012/03/03(土) 04:00:01.27
自分は美大受験の頃にろくに形を取れない人達が半年後にそれらしくなるのを見てきた
単純に技術は鍛練で身につくよ

体育や勉強では皆鍛練を重んじるのに、こと絵に関してそれをすっ飛ばして
才能が才能がと言うのは上手くならない為の言い訳にしか思えない

ただ、人を魅了できるかどうかは、そこからまた別の問題
例えば科学式を扱えるから発明ができるかとかは別な感じで
拙い幼児の絵でも人の心を掴むことはあるし
寺に通わなくても人生の真理を悟る人はいる

でも鍛練無しに魂を込めるのは、鍛練以上に難しく博打だと思う
野球選手でも鍛練より勘でプレイしてたタイプはスランプが
なかなか抜け出せないって言うしさ
411 : スペースNo.な-74  : 2012/03/03(土) 04:45:13.78
あと技術に走っていると評される人は単に情感を乗せるのが苦手なだけの
場合が多いんじゃないかな

自分は仕事では色々と背景やってるけど
自分の漫画は技術がどうのより雰囲気・味がある、暖かいと評される
仕事の絵は元の作家さんの魅了を損なわない絵を心掛けてるけど
自分の絵は気持ち良さに重点を置いて描いてる
でもそういう温度調節だって結局は鍛練次第だと思う
412 : スペースNo.な-74  : 2012/03/03(土) 04:48:51.34
元の作家さんの魅了→元の作家さんの魅力、の間違い
連投すみません
413 : スペースNo.な-74  : 2012/03/23(金) 06:48:19.30
絵に限らず、小学4~5年くらいでできる奴できない奴の差が歴然になる気がしないか?
10歳で人格がある程度固まってくるのと関係あるのかね、感性という意味で。
414 : スペースNo.な-74  : 2012/03/31(土) 16:38:42.56
いいや10歳で1回目の差ができるが15歳~17歳で2度目の差が出る
2度目の脳改革に成功した奴が大体能力者として人生を掴む
逆にこの時期堕ちれば堕ちるほど死ぬまで無能者として確定される
20歳辺りでどれほど地獄の努力をしても無能のカタワで終わる
415 : スペースNo.な-74  : 2012/06/23(土) 13:12:19.53
>>414
自分の人生覗かれてるのかと思ったわ
10歳から絵を少しずつ描き始め、17では約2年間引きこもってずっと絵と漫画描いてたよ
今は同人客に、なんでプロにならないの?と言われるくらいには上手くなった
416 : 415  : 2012/06/23(土) 15:00:28.64
もちろんちゃんと学校は通学して卒業したよ
テストは平均点キープして、欠席日数ギリギリまでさぼったっていう意味ね
418 : スペースNo.な-74  : 2012/06/26(火) 05:47:23.83
小学生は小学生らしい絵が求められる。
419 : スペースNo.な-74  : 2012/06/26(火) 22:40:03.63
>>418
小学3年生の時に「海」がテーマのイラストコンクールに
人魚が魚たちと泳いでいる個人的に美しさを意識した絵を描いたけど
入選したのは学校の問題児の便所の落書きだったでござる
420 : スペースNo.な-74  : 2012/06/28(木) 12:43:26.05
>>418
小学生時の写生大会で、海が黒っぽい青色だったから黒っぽい青を作って塗ったら
母親に「まーたあんたはひねくれて…なんで青く塗らないの?海は青いものでしょう?」
と怒られたのを思い出した
421 : スペースNo.な-74  : 2012/07/03(火) 18:55:16.87
そういった部分って運もある気がする
4、5歳の頃に塗り絵で、鏡を黒に、洗面台を紫に、床をピンクに、土を紫に塗ったら
当時テレビに出るほど有名だった画家が偶然それを見て、この子は画家になれると言ったらしい
今? 今はペーペーな絵描きやってます^^
422 : スペースNo.な-74  : 2012/07/16(月) 22:31:31.14
大人は子供の変な絵をドヤ顔で評価すること多いよな
あと売れ線の絵はなぜか褒めない教師が多かったな
子供ながらに、あのときに大人に優越感がわいてるの感じていやだった

「きみわかんない?この子すごいよ?」「はぁーそうきたかー、子供の絵はやっぱいいね」的なミサワぽさ
423 : スペースNo.な-74  : 2012/07/22(日) 14:34:08.87
ミサワぽさ wwwwwwwwwww
424 : スペースNo.な-74  : 2012/09/13(木) 19:51:07.44
あるあるw
425 : スペースNo.な-74  : 2013/04/21(日) 15:23:23.91
上げ
426 : スペースNo.な-74  : 2013/04/22(月) 10:01:38.84
絵が描けない奴がドヤ顔で絵を評価できるのって小学生相手くらいだから
あれでやる気無くした人多そう
427 : スペースNo.な-74  : 2013/07/25(木) 09:02:36.46
あげ
428 : スペースNo.な-74  : 2013/09/26(木) 22:09:02.31
酒入るとバリバリ描けるよな
429 : スペースNo.な-74  : 2013/12/03(火) 13:43:07.13
後天性ですね。自分の場合は小学一年の時
母親にリアルに書くちょっとしたコツがきっかけに
細かく書くようなクセが出来て点じのような書き方を小学生3年まで
書き続けていました。小4から点を線で書く事を感覚的に覚え
小学校卒業するまで県の賞は当たり前になっていました。
要するにコツと言う物がより小さい視点で書くと言う事で才能が磨かれます。
この世はみんな小さな点で出来ている。
近代の世間一般にはドットと呼ぶものですね。
430 : スペースNo.な-74  : 2013/12/03(火) 15:58:51.85
予想だけど、
自分では上手いと思ってるけど仕事にはなってないでしょ?